キューピードレッシングのサラダ麺チラシ

昨日の日経朝刊に、キューピードレッシングのチラシが入っていました。食品メーカーのチラシは、以前(2008年~2009年頃でしょうか)はたまに見かけたのですが、最近はほとんど目にしません。そのためか、このチラシはかなり目立ちました。(朝刊の折込とポスティングのチラシを毎日集計しているので、私はどんなチラシにも目を光らせていますが。)

 

このキュピーのチラシは、

夏に麺を食べる時に、一緒にドレッシングも使ってね。

ということがその趣旨。ドレッシングと麺を食べる料理をサラダ麺として、そのレシピが裏面に紹介されています。お昼ごはんに何を食べようかと悩む主婦にとっては、このレシピはとても役立つことと思います。(キュピーもこれを狙っている、きっと。)

 

ただ、このチラシがどれほど売上に貢献するかはわかりません。キュピーともなると、テレビCMやら料理雑誌への広告やらで、このチラシ以外にも広告を打っていることでしょう。だから、このチラシがいくら売上金額を引き上げたかを測定することは、不可能なのです。アメリカでは、メーカーによるチラシがよく週末の折り込みチラシに入っているのですが、クーポンが付いているのがほとんど。このクーポンを、チラシに掲載された商品を販売しているお店に持って行くと、割安で購入することができます。このクーポン返り率(=クーポン回収枚数/チラシ配布枚数)を調べることにより、チラシの効果を測定することができます。キュピーのこのチラシには、クーポンが付いていないため、この方法を使うことはできません。

 

よくみると、チラシの下の方に、プレゼント抽選について書かれてあります。クイズに答えて応募すれば、正解者の中から抽選で100名様にプレゼントするというもの。クイズといっても、チラシに大きく明記されたフレーズの一部を答えたらいいだけなので、チラシを読みさえすれば答えは簡単にわかります。このクイズ形式には、チラシを読ませる効果があります。

 

このようなある意味定石とも言えるプレゼント抽選なのですが、驚いたことがありました。それは、

プレゼント応募要項にウェブのアドレスや検索方法が書かれていない

ということ。もちろん、ウェブから応募することはできません。念のため、Googleで検索してみましたが、このプレゼントに該当するサイトはありませんでした。このことからわかることは、

このプレゼント抽選に応募した人=このチラシを読んだ人

ということです。つまり、応募数がわかることで、このチラシの広告効果を測定することが可能になります。

 

ただし、問題なのは、

  1. 郵便はがきをお金を出して買わなくてはならないこと。
  2. 宛先や答え・個人情報などを、いちいち書かなくてはならないこと。

という点です。つまり、面倒なのです。この面倒臭さがいやで、応募をためらう人も多いでしょう。ハガキ代(もしくは切手代)を負担してもらうことで、懸賞マニアを排除することを狙っているのかもしれませんが、このハードルは案外高いものです。いっそのこと、ツイッターでつぶやくことを応募資格にしてはどうでしょうか。つぶやき専用のページを用意して、そのページへ誘導させます。そのページからつぶやくと、自動的にこの広告内容と同じページのリンクが付くようにすれば、「麺にはキューピードレッシングをかけて、サラダ麺を食べよう。」というメッセージは広がります。つぶやいた人やつぶやきを見た人に、キューピードレッシングと麺が記憶されれば、麺を買うときに一緒にキューピードレッシングも買ってもらえることになるでしょう。専用ページを作るなどのコストはかかりますが…

 

☆今日のまとめ☆

キュピードレッシングの折り込みチラシに組み込まれた広告効果測定方法とは、プレゼント抽選。

このチラシ独自のプレゼント抽選を行うことにより、チラシを見た人数を知ることができる。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ

今飲んでいるワインのこと知っていますか?

Twitterやっています

FaceBookは現在研究中

 

☆今日のこぼれ話☆

レシピをよく見ると、2人前のレシピの材料に、「そうめん2束」や「うどん2玉」という表示がありました。

うどんはいいのですが、そうめんは、商品によって一束当たりのグラム数が異なります。

一般的には、手延べそうめんは一束50g(=0.5人前)で、機械そうめんは一束100g(=1人前)ですが、すべての商品がこのグラム数というわけではありません。

よって、束数=人数というわけにはいかないのです。

残念ですが、50g束を2束入れる人いるでしょうね。

 

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→☓

◎毎日情報を発信する→☓

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→◯

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→☓