BELGIAN GOLD


先週末、食材が不足してきたので、久しぶりにコストコ尼崎店に行ってきました。前回行ったのはクリスマス前だったので、今年初めてのコストコです。(クリスマス前はすさまじく混んでいました。)


今回の買い物で見つけたのが、BELGIAN GOLDというベルギーの第三のビール。リピート購入しているサッポロさん(麦とホップという歴史に残る品質の高い第三のビールを開発したことに敬意を表して、「さん」を付けています。)の麦とホップ1ケースを、すでにカゴに入れてたのですが、このビールを見て思わずこちらにしてしまいました。というのは、

◎1ケース24缶入り 1980円

という激安な値段だったため。ディスカウントリカーショップなどに行くと、このような1缶100円を切る第三のビールは販売されているのですが、そのほとんどは韓国製。たまに韓国以外があったとしても、東南アジアで生産された第三のビールとなります。これらの国の第三のビールが安いのは、その人件費の低さに由来します。この理論からすると、ベルギー製の第三のビールは、韓国や東南アジア製の第三のビールよりも高くなります。


そこで、激安で販売されている理由を考えてみました。

  1. 輸入者である富士貿易が、不良在庫をコストコに処分を依頼したため。
  2. 原材料コストが、他の第三のビールよりも低いため。
  3. 容量が330mlであり、通常の350mlよりも4.3%小さいため。

などが思い当たります。

これらの理由について、検索などにより検証してみました。まず、富士貿易のサイトでBELGIAN GOLDを調べてみると、なんと掲載されていませんでした。もしかしたら、売れなかったために終売したのかもしれません。そこで、グーグルで「BELGIAN GOLD」を検索してみると、出てくるサイトは、コストコ関連のサイトばかり。富士貿易のサイトをもう少し詳しく見ると、このカラクリがわかってきました。富士貿易は、EURO HOPSというベルギーの第三のビールを販売しています。このEURO HOPSとBELGIAN GOLDの容量・原材料などがあまりにも酷似しているのです。

  • BELGIAN GOLD:330ml、発泡酒(麦芽、大麦、コーンスターチ、ホップ)・スピリッツ(大麦、米)、アルコール度数5%
  • EURO HOPS:330ml、発泡酒(麦芽、大麦、コーンスターチ、ホップ)・スピリッツ(大麦、米)、アルコール度数5%(こちらのサイトより)

さらに、栄養成分は全く同じでした。(Water Dragonさんのサイトを参考にいたしました。)この事実から、中身は全く同じであることが容易に推測できます。さらに、コストコ関連のサイトを見ると、昨年よりコストコで販売されていることがわかりました。(しかも、今回と同じ値段です。)よって、この商品は、コストコの名前は付いていませんが、コストコの準PB(留め型と言います。)であることは、ほぼ間違いないでしょう。理由の1番目は違うことになります。


2については、富士貿易のサイトを見ると、

◎第四のビール

と明記されています。というのは、第三のビールは発泡酒のえんどう豆などの麦芽以外の原料としたのスピリッツを加えたお酒であるのに対し、BELGIAN GOLD(EURO HOPS)は、麦芽を原料としたスピリッツを加えているからです。実際、金麦に使われているスピリッツは小麦を原料としています。ただ、サッポロさんの麦のホップに使われるスピリッツも大麦なので、「第四のビール」と言うほど大げさなものではありません。


3については、単純に考えると、容量が4.3%少ないということは、コストも最大4.3%小さくなり、価格を下げることができます。330ml缶は、それだけを見るとさほど小さく感じませんが、350ml缶を横に並べて比較すると、一目瞭然。缶の直径はほぼ同じですが、高さが6mmほど低くなります。


BELGIAN GOLD&Mugi to Hop


このように、コストコに留め型で提供することにより、納入価格を引き下げ、さらに原材料・容量を工夫することで、コストを下げているために、このような激安価格になったと考えることができます。


この推測から

◎小麦の市場価格の高騰によって、国産の第三のビールがBELGIAN GOLDと同じようなコストダウンを迫られるかもしれない

ということが、考察できます。デフレ化の日本では、原材料コストの上昇を売価に転嫁することは容易ではありません。さらに、第三のビールはその価格の低さが受けて売れていることを考えると、単価を引き上げることが大変難しいと言えるでしょう。ならば、容量や原材料を変更することで、単価を据え置かざるを得ません。(つまり、実質値上げになります。)

◎小麦のスピリッツから、小麦以外の原材料のスピリッツに変える。

◎350mlを330mlに変える。

が、今後第三のビールで起こるような気がします。


☆今日のまとめ☆

コストコの激安ベルギー産第三のビール、BELGIAN GOLDから、第三のビールの未来を読み取ることができる。

それは、小麦の市場価格高騰への対応として、原材料から小麦を外し、容量を350mlから330mlに減らすことである。


☆今日のこぼれ話☆

さっそく、BELGIAN GOLDを飲んでみたところ、意外においしい。

安いだけあって軽めのビールかと思ったのですが、コクを味わうことができました。

泡の細かく、麦とホップに似ていると思います。

スピリッツに大麦を使っているからでしょうか?


☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→☓

◎毎日情報を発信する→☓

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→〇

◎腕立て・腹筋30回→☓