夏の小旅行

By nicky Tu – nickytu.com

昨日の記事でも取り上げましたが、今年の夏休みに旅行に出かける人が、過去最高(2000年以降)らいしです。

 

JTBが5日発表した旅行動向調査によると、今年の夏休み(7月15日~8月31日)に1泊以上の旅行に出かける人は、国内・海外ともに現行の調査を始めた2000年以降で過去最高を更新する見通しだ。東日本大震災の影響で自粛した昨年の反動などもあり、今夏は消費者の旅行意欲が高まっている。(日経電子版より 元データはこちら

 

ボーナスが減少し、今後の消費増税など可処分所得が減少する流れは間違いないのですが、それでも旅行に出かける人が多いようです。どうもしっくりしません。旅行に行くとなると、レストランで食事するよりもずっとお金がかかります。使えるお金が減っているのに、そんなにお金を掛けるなんて・・・

 

可処分所得は減少傾向⇔比較的高額の旅行にお金を掛ける人が増える

 

次のような仮説が立てられます。

 

旅行単価が減少したから、旅行に行くハードルが下がったのではないか。

 

例えて言うならば、

 

昨年までのパリ旅行に掛かった費用=30万円

今年のパリ旅行に掛かる費用=25万円

 

でしょうか。となると、為替や燃油サーチャージの影響で、旅行費用が全体的に下がったということになります。ただ、この仮説は、国内旅行に行く人が過去最高を説明できません。為替や燃油サーチャージが関係ないからです。

 

そこで、改めて「旅行 単価」で検索してみました。残念ながら、旅行単価が下がったという事実に出会えなかったのですが、思わぬ発見がありました。その発見とは、

 

着地型旅行というフロンティア

 

です。着地型旅行という言葉は、何度か日経新聞などで目にしていましたが、正確な意味がわかりませんでした。そこで、調べてみることに。

 

 

着地型旅行とは、旅の目的地(到着地)に所在する旅行業者が企画するパック旅行を指す(形としては、目的地に発着する「オプショナルツアー」となる)。地元の旅行業者は地元の情報に詳しいので、独自性の高い企画を提案できるわけだ。(nikkei BP netより

 

一方、この対照となるのが、発地型旅行。

 

発地型旅行とは、出発地に所在する旅行業者が企画するパック旅行のことを指す。(nikkei BP netより)

 

例えば、

酒蔵巡り

工場見学

山菜採り

などが、この着地型旅行に当たります。この着地型旅行の大きなメリットは、

 

発地型旅行よりも価格が低い

 

ということ。つまり、

 

着地型旅行が普及する→旅行単価が下がる

 

ということになるのです。これなら、可処分所得が下がっても、旅行に行く人が増えることになります。

 

実際、この着地型旅行には、大きなビジネスチャンスがあるとか。

 

観光庁はこのほど、着地型旅行の現状に関する調査報告をまとめた。着地型旅行の単価は1万2800円、最近1年間ののべ参加人数は259万人と推定。市場 規模は331億円とするが、国内旅行市場規模23兆9千億円の0.15%にとどまり、「発展途上」を裏付ける結果となった。(トラベルニュースより

 

事業者・消費者が持つ着地型旅行の印象は、事業者は「利益は高くないが人気はある」。一方で消費者は「満足度は運営者の想像以上に高い」「料金は運営者が 思っているほど高く思っていない」といった実感の乖離も見られ、事業者の着地型への自信が定着していないように思われる。(トラベルニュースより)

 

着地型旅行が広がれば、

 

LCCで現地に行く→着地型ツアーに参加する→LCCで帰る

 

ことが起こり、旅行単価が大きく下落してもおかしくありません。

 

この夏の旅行人気は、決して着地型旅行とは関係ないようですが、節約志向が強まることを考えれば、今後着実に着地型旅行が増えるように感じます。そして、この消費機会をビジネスに活かさないのは、大変もったいないと思います。

 

☆     今日のまとめ☆

今後強まる節約志向の中、着地型旅行にビジネスチャンスがあるだろう。

従来よりも安い費用で、効用の高い旅行ができるということは、支持を受ける可能性は極めて高い。

このチャンスを何とか活かさねば。

 

 

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblrで年率5%運用するための情報を発信しています。

 

☆     今日のこぼれ話☆

着地型旅行で考えたことは、ローカルのイベントが意外に告知されていないということ。

もちろん、このイベントも着地型旅行に繋がります。

ところで、今年の夏休みにパリに行くのは安いんですねぇ。

お盆休みをずらせば、かなり安くつくかもしれません。

ユーロ安円高も大きいです。

 

 

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→◯

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→◯

◎腕立て・腹筋30回→☓(とある事情により腕立ては中止しています)

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→☓

◎部屋や家の掃除をする→☓

◎営業日誌を付ける→☓