丸善By 007 Tanuki

 

昨日の日経朝刊に、とても興味深い記事がありました。

 

書籍チェーン大手の丸善CHIホールディングスは地方企業や百貨店の書店運営を支援する。仕入れを代行するほか、POS(販売時点情報管理)レジを提供す るなど運営ノウハウを供与。2015年1月期をめどに大型書店10店を支援する。出版不況で利益率の低い書店経営は厳しさを増している。丸善CHIは地方 店の運営支援で出店による拡大戦略を補完する。(日経新聞電子版より

 

丸善CHIと言えば、大規模書店をチェーン展開しています。そして、チェーン展開を通じて、POSなどのシステムや運営マニュアルを確立してきました。これは、丸善CHIの強み。この強みを、外部の書店に提供するようです。

 

これはFCの仕組みととても似ています。FCとは、以下のような仕組みです。

 

一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶ)を提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約である。(ウィキペディアより

 

簡単に言えば、

 

◯商品

◯運営の仕組み

◯商号

 

を、外部企業に提供することになります。丸善CHIの場合、

 

◯商品(品揃え)

◯運営の仕組み(POSシステム、人材育成方法など)

 

を提供します。ただ、一部の店舗へは

 

◯商号(ジュンク堂書店)

 

も提供する模様。ほぼFCと同じ仕組です。

 

同じような内容の記事を、日経MJでも見つけました。

 

全国で約70のビジネスホテルを運営するサンルート(東京・豊島、五十嵐静夫社長)は他社のホテルの営業支援を始める。自社の公式サイト「サンルートWEB」に支援先のホテル名や場所を掲載。約43万人に及ぶ会員組織から予約を受け付け、集客を後押しする。(日経MJより)

 

サンルートのこの事例は、丸善CHIよりもその支援内容が大きく限定されます。運営の仕組みの中でも、

 

販売方法

 

のみを提供することになります。商品(部屋やサービス)や商号には一切かかわらないので、FCの仕組みとは大きく異なります。

 

サンルートの事例では、

 

◯販売手法(販売サイト)

◯会員組織

 

というサンルートの強みを活かしたことになります。

 

このように、丸善CHIとサンルートの事例は、FCとの類似点において大きな違いがありますが、共通点が存在します。それは、

 

強みであるビジネスモデルを販売する

 

という点。小売店と言えば、

 

◯(一部の企業のみ)モノを開発する

◯モノを販売する

 

によって、収益を上げる企業。ただ、そのビジネスモデルが成功すれば、その強みとも言えるビジネスモデルを販売することで、新たな収益源を確保することができます。この収益は、主に販売手数料によるもので、店舗開発や従業員の増員など大きな投資を伴いません。今後、このFCに似た収益を得る小売企業が増えてくるかもしれません。

 

 

 

☆  今日のまとめ☆

書店大手の丸善CHIは、商品・運営の仕組みを提供することで、地方書店を支援するという。

同じように、ビジネスホテル大手のサンルートは、自社サイトに外部ホテルを掲載することを通じて、集客を支援するという。

これら事例に共通するのは、ビジネスモデルの強みを販売することで、新たな収益源を確保できるということ。

大きな投資を必要としないので、この収益手法を採用する小売企業が増えるかもしれない。

 

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblr本格的に始めました

 

☆  今日のこぼれ話☆

ビジネスモデルもそうですが、一番大きな強みはその顧客。

マクドナルドやユニクロが、クーポンを乱発してでも、携帯会員を増やそうとしているのは、会員組織が大きな強みであることを物語っています。

それにしても、会員価格の割引率を見れば、会員にならないと損した気分になります。

 

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→◯

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→☓

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→☓

◎営業日誌を付ける→☓