先日から購入を考えていたキーボード(もちろんPC用です。)をいろいろ見たいと思い、電気屋さんに繰り出すことになりました。

運良く、車で10分ほどの場所に、ヤマダ電機とケーズデンキが隣接している地域があります。

今回の目的は、

◎できるだけたくさんのキーボードを触ってみたい。

◎マウスも、キーボードと同じ。

◎そこそこいいのがあれば、そこで買う。

という3つ。

マウスを買うのは、今のソニーのマウスの接続がキーボードにPS2端子でされており、キーボードを新調した場合、USB接続できるマウスが必要になるから。

ネットでも買ってもいいのですが、普段使う頻度が非常に高く、その相性が時間効率に大きく左右するキーボードとマウスは、できるだけ実物を触って自分に合ったものが欲しいために、店舗まで足を伸ばしました。

早速ですが、両社に行った感想は、

◎ヤマダ電機→キーボード・マウスともデモ機がほとんど無く、目的を達成できず。また、キーボード・マウスの種類の説明書きがほとんどなかった。

◎ケーズデンキ→両商品ともデモ機がそこそこあり、目的をある程度達成。種類の説明は大変わかり易く、店員さんに質問しなくても自分で選べる。

というもの。

家電量販店は、ネット通販の普及によって、ショールーム化していると聞いたことがあります。

つまり、消費者は、家電量販店で実物を触って、気に入ったらネットで購入するのです。

電気屋さんにとっては、耳が痛い状況かもしれませんが、実物を触れるというのは実店舗の大きなメリット。

だから、この部分を無くしては、ネットに勝てるわけはありません。

この理論からすると、ヤマダ電機は全く実店舗のメリットを活かしきれていない。

今回の私の例では、せっかくヤマダ電機に足を運んだのにもかかわらず、デモ機が2・3しかないのは大きなショック。

普通、家電量販店には、5・6アイテムのデモ機があるものと思っていたので、キーボード売り場周辺を探し回りました。

しかし、無いものはない。

マウス売り場はちらっと見ただけで、ケーズデンキにゴーです。

一方の、ケーズデンキでは、デモ機がある上に、キーボードの種類(メンブレン、パンタグラフ、メカニカルなど)を説明したボードまでありました。

近くに店員さんがいなかったのですが、あのボードで説明は充分で、あとは自分との相性だけ。

商品説明は、リアル店舗よりもネットに分があります。

それは、実店舗はスペースに限りがある一方で、ネットでは説明に使えるスペースはほぼ無限にあり、文章のみならず画像・動画まで使えるから。

このメリットを持つネットに実店舗が追いつこうと思えば、今回のケーズデンキのように、商品の特徴や種類の違いを説明する必要があります。

しかも、コストの高い人を使った口頭での説明ではなく、できるだけボードやPOPでの無人の説明にしたいところ。

ケーズデンキは、この効率的な情報提供に成功したと言っていいでしょう。

まとめると、

◎ヤマダ電機は、実店舗の特権とも言える実物を触れる機能を持たず、一方のケーズデンキは、実物を触れる機能を提供するだけでなく、無人の情報提供も行っていた。

ということになります。

価格面を別にすれば、ケーズデンキはヤマダ電機よりも、実店舗として大きく優っていると言えるでしょう。

「家電なんて、値段が安ければいい。」という声が聞こえてきそうですが、価格だけを見れば、固定費の高い実店舗はネットには敵わない。

家電量販店のみならず、実店舗がネット通販に勝つためには、実物を触れる(食品ならば試食できる)こと、言葉や態度によって直接顧客にサービスができること、という強みを強化する必要がある。

レジでの対応(笑顔も含めて)も完璧だったケーズデンキを出て、そう実感しました。

☆ 今日のまとめ☆

実店舗がネット通販に勝つには、その特徴である「実物を触れる(食品ならば試食できる)」「言葉や態度によって直接顧客にサービスできる」という機能を強化する必要がある。


☆3/24の目標☆

1  プライベートブログの更新 ×
2 午前6時起床 ×→最近ほとんど達成できていないので、明日から7時に変更します。
3 毎朝、鏡の前で笑顔の練習 ×
4 腕立て・腹筋を各30回 ×
5 部屋・事務所などの掃除をする ×
6 手帳に今日の反省の明日の希望を書く。×
7 AFPの勉強をする。 ◯
8  読書(書籍・雑誌)をする ×
9 毎朝、ツイッターでつぶやく ×


(今 日のこぼれ話)

私が使っているキーボードはこちら。


画像

種類はメンブレンになるのですが、キーが打ちづらく、また打ち間違いも多いという問題を抱えています。

PCの利用頻度が高まると、キーボードやマウスの使いやすさが仕事効率に大きな影響を及ぼします。

これまでもいろんな書籍を読んで、この事実を知っていたのですが、実際にそういう状況になると実感できます。

ただ、それほどお金を掛けられないのも事実。

今回購入するのはそこそこの価格のものにして、新事業がある程度軌道に乗ったら少しお金を掛けたいと思います。
ささやかですが、これも私の夢の一つ。(価格にこだわらず、自分が気に入ったキーボードとマウスを使いこなす。)


オ フィシャルサイトはこちら。

ツイッター、ぜ ひフォローお 願 いします。


(イ ンフォ 麺ション)⇒昨日の訪問者は38人でした。↓
麺(めん)の 口 コミ・価格情報・データベース  「インフォ麺ション」

(今 日の言葉)

人生の目標を達成しようとする時、限界がたった一つある。
それは、自分が決めた限界である。
(D・ウェイトリー)