うめきたオクトーバーフェスト2013

 

先日、梅田のグランフロント大阪に行った時、とあるイベントに遭遇しました。そのイベントとは、うめきたOKTOBER FEST(オクトーバーフェスト)2013。オクトーバーフェストがこの時期にグランフロントで行われているとは、全く知らなかったので驚き。さらに、すごい人で盛り上がっていることに、さらに驚きました。

 

オクトーバーフェストのいいところは、ただドイツビールとドイツ料理を食べるだけでなく、みんなで盛り上がれるところ。”Ein Prosit(アイン プロージット)”という合言葉とともに、一緒に乾杯をすれば、かなり盛り上がり楽しい気分になれます。今回も、ステージでドイツ人らしきバンドが和やかな曲を歌い、最後に「アイン プロージット」というフレーズとともに、ビールグラス片手にみんな一緒に乾杯していました。

 

オクトーバーフェストのドイツバンド

 

 

よくよく考えてみれば、オクトーバー(10月)なのに5月に行うのは不思議なもの。秋に行えばいいものを5月にするのは、それだけ集客力があるからに他なりません。オクトーバーフェストが行われると、会場周辺には多くの人が集まり、集客が容易になるのです。

 

一方、主催者側にもメリットがあります。もちろん、ビールと料理の売上はかなりの額になることでしょう。ビールがだいたい1000円~1500円(グラス・ジョッキのデポジット別)で料理も1000円ほどするので、客単価は2000円~2500円でしょうか。横浜のオクトーバーフェストが、6日間で4万人を集客したので、4万人の来場とすると、8000万~1億円の売上になります。

 

しかし、実はそれ以上に大きな効果があるように思えます。それは、

 

ドイツへの好感度が上がり、ドイツへの旅行者が増える

 

ということです。うめきたオクトーバーフェストの後援として、ドイツ連邦共和国大使館・ドイツ観光局・バイエルン州在日代表部が、名を連ねています。つまり、オクトーバーフェストは、国を挙げてのドイツ観光キャンペーンでもあるのです。オクトーバーフェストでドイツビール・ドイツ料理の美味しさを知るとともに、楽しさも味わえば、ドイツに行きたくなっても不思議ではありません。そして、オクトーバーフェストの参加者がドイツ旅行をすれば、ドイツの内需は潤うわけです。日本で行うオクトーバーフェストは、ドイツの内需拡大策でもあるのです。

 

そんなことを思ったところ、次のようなニュースが耳に入って来ました。

 

英国放送協会(BBC)の海外向け放送、BBCワールドサービス(BBC World Service)は23日、毎年恒例の国際世論調査の結果、最も好感度の高い国はドイツだったと発表した。昨年1位だった日本は今年4位だった。(2013年5月26日 AFP BB NEWSより

 

好感度が世界一位になったのは、世界中でオクトーバーフェストを行ったからかもしれませんね。

 

☆今日のまとめ☆

オクトーバーフェストを5月にも関わらず行うのは、それだけ集客があるから。

さらに、オクトーバーフェストはドイツの好感度をアップさせ、ドイツ旅行を増やす効果もあるからだろう。

実際、オクトーバーフェストの効果からか、ドイツの好感度は世界一位になった。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

マーケティング・ビジネスのヒントに関するブログも書いています

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆    今日のこぼれ話☆

オクトーバーフェストの難点は、ビールの価格が高い点です。

量が多いとは言え、ビール1杯に1500円前後払うのは少し気がひけるもの。

ただ、雰囲気を楽しむと考えれば、安いかもしれないですね。