ドン・キホーテのキャラクター

by courtesy of Michael

先日、夕刊と一緒に見慣れないチラシが入っていました。しかも、新聞に折り込まれていなかったので、折り込みチラシではないようなのです。それは、ドン・キホーテのチラシ。

 

新聞とは別に入っていたのですが、もしかしたら新聞配達と一緒に投函された可能性があるので、新聞販売所に確認してみました。すると、やはり折り込んでいないとのこと。販売所によると、一部例外を除いて、夕刊には折り込みチラシを入れないようです。

 

ということは、このドン・キホーテのチラシは、ポスティングされたことになります。他店舗展開する大手量販店が、ポスティングチラシを入れることは、ほとんどありません。大抵、ポスティングチラシを入れるのは、不動産会社やピザなどの宅配業者・水道修理業者などの、FC(フランチャイズ)を含む地元企業。ちなみに、ドン・キホーテには、FCはありません。大手量販のドン・キホーテが、チラシをポスティングした理由には、何か理由がありそうです。

 

そこで、ドン・キホーテの既存店月次売上高を調べてみました。

 

【2013年6月期ドン・キホーテ既存店売上高】

[既存店売上高]7・10・12・1・2・4月以外は前年比プラス

[客数]7・8・9・10・12・1・2・4以外は前年比プラス

[客単価]7・12・4月以外は前年比プラス

※2012月7月~2013年6月

ドン・キホーテ2013年6月期上期月次実績

 

ドン・キホーテ2013年6月期下期月次実績

 

既存店売上高は、それほど良くもなければ、悪くもありません。(プラス半分、マイナス半分)ただ、スーパー・コンビニの既存店売上高が振るわないことを考えると、比較的いい結果だと言えるでしょう。そして、既存店売上高が良かった要因は、客単価が総じてプラスで推移したからであり、客数は減っています。

 

この実績から、ドン・キホーテがポスティングチラシを入れたのは、

 

客数を増やしたいから

 

であると推測できます。さらに、過去2年とも8月は客数が減少しているので、集客のテコ入れという目的もあると思います。

 

ならば、例年8月にチラシを入れてもいいはずです。2011年よりチラシの集計を行なっていますが、過去2年間の7・8月にドン・キホーテのチラシが入ったことはありません。では、なぜ今年だけ入れたのか。恐らく、

 

景況感が回復しているので、チラシによる集客効果が見込めやすい

 

と判断したからではないでしょうか。また、客数は減っているものの、客単価が上がっているということは、高額商品が売れているということです。チラシを見ても、片面は、夏のレジャー商品とフィットネス商品・家電・高級ブランド品で占められています。高額商品を売ろうという気が満々なのです。8月と言えば、ニッパチ(2・8)と言われ、小売店の閑散期。この時期を、景況感の回復を追い風に、客数増・客単価増で売上拡大を図ろうとしているのです。

 

当初、景況感が回復すると、ドン・キホーテのようなディスカウント業態は、逆に売上が低迷すると予想していました。しかし、実際には既存店売上高は伸びています。ディスカウント業態にも、アベノミクスの恩恵が及んでいるようです。ドン・キホーテは、ポスティングチラシを入れることで、この恩恵をさらに大きくしようとしているのです。高額商品は、本当に動いているのですね。

 

☆今日のまとめ☆

ドン・キホーテがポスティングチラシを入れたのは、減少傾向の客数をテコ入れするため。

高額商品が売れているので、チラシで集客を大きくできれば、減少しかねない8月の売上を拡大できる。

ディスカウント業態にも、アベノミクスの恩恵は及んでいる。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

ちなみに、自宅から最寄りのドン・キホーテへは、自動車がなければ行けません。

六甲アイランドに、それだけ自家用車を持つ人が多いということでしょうか。