阪急百貨店

 

5月中旬の週末に阪急うめだ本店に行ったのですが、相変わらずの人の多さ。ゴールデンウィークと母の日も終了し、イベント消費が期待できない週末でしたが、それなりに売れているようでした。

 

印象的なのが、アンデルセンなどベーカリーが集積した箇所。常設のアンデルセンが一番集客していますが、その前の期間限定店舗にも行列が出来ていました。この場所は、ベーカリー専門の期間限定店舗スペース。ベーカリーを集めた場所なので、それなりに競争は激しく、物珍しさを誘う期間限定店舗と言えども、行列ができる店舗ばかりではありません。どちらかというと、販売に苦労している店舗の方が多いという印象。閉店間際に値引きする店舗もあり、それでやっと行列ができるほど。今回のベーカリーについて、私は知らないブランドでしたが、行列ができるところを見ると、それなりの知名度があるのかもしれません。

 

概して、百貨店のパン売り場は、集客力の高い売り場です。100円パンの阪急ベーカリーもしかり。しかし、今回は違っていました。利用客はいましたが、賑わっている様子は全くなし。どちらかというと、レジで店員が時間を持て余しているようにも見えました。これまでにはない光景です。

 

期間限定のベーカリーやアンデルセンの賑わいを見ると、パン売り場は消費増税の影響が全くないように思えます。しかし、阪急ベーカリーを見ると、税抜き100円ですが、消費増税の影響をかなり受けているように見えるのです。この好対照なパン売り場から、消費動向について次のような予想をしてみました。

 

【阪急うめだ本店のパン売り場から予想した消費動向】

[楽観的]価格よりも品質を重視する消費者が増えたので、品質で売るベーカリーが賑わっていた。

[悲観的]これまで阪急ベーカリーを利用していた消費者が節約志向を高め、阪急うめだ本店の来店回数を減らした

 

楽観的な予想では、景況感の好転が引き続き、価格よりも品質を重視する消費者が増えたと考えます。これまで阪急ベーカリーを利用していた阪急ユーザーが、より美味しいパンを求めて、アンデルセンや期間限定店舗にシフトしたと思われます。

 

一方、悲観的な予想では、そもそも低価格志向の強い阪急ベーカリーユーザーが、消費増税により節約志向を高め、阪急うめだ本店の利用回数を減らしたと考えます。阪急ベーカリー目当ての阪急ユーザーが、百貨店を利用しなくなったということになります。

 

5月の阪急うめだ本店の客数が、どちらの予想が正しいかを教えてくれることになります。

 

☆今日のまとめ☆

100円パンの阪急ベーカリーに賑わいがなかったことは、楽観的に考えれば、品質重視の消費者が増えたことになる。

しかし、悲観的には、節約志向を強めた消費者が阪急うめだ本店の利用を減らしたとも、考えられる。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

100円ですが、阪急ベーカリーのパンをよく見ると、昔懐かしい素朴なパンが多いみたい。

思わず、食べたくなりました。