この前の日曜日のグルメシティ(ダイエー系スーパー)のチラシは、少し変わったものでした。それは、

加工食品がメーカー毎に区割りされていた

からです。生鮮三品は、通常通り、野菜・鮮魚・精肉で分かれてあり、その裏面が加工食品に当てられてありました。ちなみに、通常のチラシでは、加工食品もカテゴリーごとに商品が掲載されてあります。

 

そして、本日新聞折込で入っていたこーぷこうべのチラシとは対照的でした。比較すると、このようになります。

 

  1. グルメシティのチラシ=メーカーごとに区画→メーカー主導のチラシ
  2. コープこうべのチラシ=レシピ提案やカテゴリーごとに区画→小売店主導のチラシ

 

グルメシティのチラシの場合、メーカーに主導権を与えるかわりに、メーカーから広告収入を得られるかもしれません。チラシという媒体を、まるでホットペッパーのように使うというやり方です。その一方で、小売店が売りたい商品を掲載できなくなるかもしれません。そのへんは、商談で決まるのですが、場所を切り売りしただけに、メーカーの力が強くなることは容易に想像できます。

 

一方、コープこうべの場合は、小売りがその紙面内容をすべてに責任を持つ代わりに、思うがままに企画することができます。来店する消費者の声や購買の現場から、売れる商品を予測することもできます。また、その売り方も、どのレシピと組み合わせれば消費者の心に届くかが、普段の営業を通じて、ある程度見込みをつけることが可能でしょう。

 

これまでのチラシのほとんどは、後者のコープこうべのスタイルでした。だから、グルメシティの今回のチラシは、かなり目立ったのですが、このタイプのチラシによって、

 

消費者に新商品を詳しく伝えることができる

 

かもしれません。新商品の情報のほとんどは、CMなどの広告や新聞記事。だから、大企業・大手メーカーに偏っています。中小企業がどんなに画期的な商品を開発しても、商品・その特徴を伝える手段は、ほぼ売場に限られます。しかも、売場はそのスペースに限度があり、さらに、新商品にはなかなかスペースを割いてもらえません。その結果、新商品の多くが、その特徴、それどころかその存在自体も消費者に伝わらずに、市場から消えていくことになります。バッターボックスに立たずに、引退するみたいなものです。

 

そういう意味で、グルメシティのメーカーごとのチラシは、新商品にとってバッターボックスになる可能性を秘めています。ただし、日曜のチラシに掲載されていた商品のほとんどは、新商品ではなくそこそこ知名度のある既存品でした。また、商品の説明もほとんどなく、どちかというと価格訴求に感じられました。少し残念ですが、特売が楽しみでチラシを見る人が多いことを考えれば、まだ仕方ないかもしれません。

 

☆今日のまとめ☆

先週日曜のグルメシティのチラシは、メーカーごとに区画された目新しいチラシであった。

レシピごとに掲載するコープこうべとは対照的。

メーカーごとに区画したチラシは、新商品(特に中小企業の)を消費者に伝える媒体になる可能性を持つ。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblr本格的に始めました

 

☆ 今日のこぼれ話☆

先日、六甲アイランドのバーが閉店しているのを知りました。

そのバーは、確か11月ぐらいにオープンしたばかりです。

1月いっぱいで閉めたようなので、売上が想像以上に少なかったのかもしれません。

お店が閉まると、町全体が寂しくなりますね。

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→◯

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→◯

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→☓