近くにあるグルメシティ六甲アイランド店のチラシは、毎週木曜日・日曜日に新聞折込として配布されています。掲載商品や価格に違いはあれども、だいたい内容は同じ。前回の紹介したメーカー別レイアウトには驚きましたが、それ以上に驚いたのが先週のチラシでした。

 

それは、

確定申告のお知らせ

が掲載されてあったから。もちろん、グルメシティとは関係ありません。掲載主は国税庁です。そろそろ確定申告が始まるので、季節にあった内容ではあるのですが、スーパーであるグルメシティとは全く関係がありません。

 

そこで、その理由を考えてみました。

 

グルメシティのチラシが、広告媒体としての価値があるから。

 

ではないでしょうか。

 

税務署は、税収を最大化するために、確定申告の告知をこの時期に行います。私の知っている告知=広告掲載場所は、駅の改札口の近くぐらいでしょうか。日経ビジネスなどのビジネス雑誌や日経新聞などの全国紙にも、掲載されているかもしれません。ただ、雑誌や新聞に掲載される広告は、なかなか読んでもらえないもの。飛ばされる可能性が高いのではないでしょうか。駅の広告も同じ。特に駅では、できるだけ早く電車に乗りたいため、多くの人が忙しくしています。広告が偶然目に入る人はいるとしても、わざわざ見る人はいないし、目を逸らす人が多いかと思います。

 

そう考えると、確定申告の告知をするのはなかなか難しいものです。そこで、

 

スーパーのチラシならば、見る人が意外に多いのではないか?

 

と考えたのかもしれません。スーパーのチラシには、食品・日用品など日々使う商品の特売が掲載されています。だから、他のチラシは見ずに捨ててしまっても、スーパーのチラシには目を通す人は多いかと思います。ならば、そこに確定申告の告知をすれば、申告漏れを少なくできるかもしれません。スーパーのチラシを見る人は、主婦などの女性が多いかと思いますが、確定申告の告知を見た妻が夫に確定申告のことを話せば、申告漏れを防ぐことができます。

 

恐らく、確定申告の広告を掲載したグルメシティは、税務署から広告収入を得ていることでしょう。これまでは、スーパーのチラシは、スーパー自身の内容しか掲載されていませんでした。しかし、その意外な広告効果が認められれば、身近な媒体に今後昇華するかもしれません。その結果、スーパーは副収入を獲得でき、利益率が改善するかもしれません。

 

☆     今日のまとめ☆

グルメシティのチラシに、確定申告の広告が掲載。

スーパーのチラシが、広告効果を持つ媒体として認められたのかもしれない。

そうなれば、スーパーは副収入を獲得でき、利益率を改善できるだろう。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblr本格的に始めました

 

☆ 今日のこぼれ話☆

グルメシティのチラシをホームページから引っ張ってこようかと思いましたが、PDFをアップロードするのに時間がかかりそうだったので、やめました。(スイマセン)

その際に気づいたことが一点。

グルメシティには、ダイエー管轄とグルメシティ近畿管轄の店舗があるということ。

ちなみに、六甲アイランド店はダイエー管轄のようです。

企業が違うので、チラシの内容も大きく違うのでしょうね。

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→◯

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→◯

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→☓

◎営業日誌を付ける→◯