芦屋さくらまつり

 

4/8、芦屋さくらまつり(PDFが開きますので注意)に行きました。実は、このようなイベントが行われているとは、全く知りませんでした。ただ、芦屋川で花見(食事よりも桜メイン)をしようとバスに乗って行ったのですが、現地に着くと、スゴイ人で混み合っており、かなりの盛況ぶり。思わぬお祭りに参加できて、とても楽しい花見になりました。

 

芦屋川の脇の道には、地元商店・飲食店による40店ほどの模擬店が出店されており、どれもこれも美味しそうな料理ばかり。さらに河川敷では、大人のバンドによる心地良い音楽を聞くこともできました。芦屋に行くことはほとんどありませんが、今回のイベントを通じて芦屋が好きになるほど、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

 

そこで、頭に浮かんだのは六甲アイランドのイベント。六甲アイランドでも、結構多くのイベントが行われます。芦屋さくらまつり同様、模擬店や音楽もあります。ただ、両者を比較すると、芦屋さくらまつりの方が楽しく感じました。その理由を考えてみました。(この場合、六甲アイランドのイベントはサマーフェスティバルで考えています。)

 

  1. 座れるスペースがあり、ゆっくりできるから。
  2. 地元密着型の模擬店が多く、楽しく運営しているから。
  3. 程よい混み具合だから。

 

1が一番大きな理由かと思います。芦屋さくらまつりはテーブルや椅子は少ないものの、レジャーシートに座るスペースがあります。一方、六甲アイランドのイベントでは、スペースはあるもののレジャーシートに座ることは場違いに思えます。この違いをもたらすのは、場所とイベントの特性。芦屋さくらまつりは場所が河川敷なのに対し、六甲アイランドは単なる広場。また、その特性は、芦屋さくらまつりが花見なのに対し、六甲アイランドはただのイベントに過ぎません。六甲アイランドのイベントが劣っているというわけではなく、場所・特性からして、芦屋さくらまつりのように座ることができないのです。これがその楽しさの違いを生み出しているのだと思います。

 

座れないから、ぶらっとして帰る。

座れるから、長居して楽しむ。

 

という違いを生み出します。

 

2について、模擬店の数ではそれほど大きな違いはないのですが、出店団体に大きな違いがあります。芦屋さくらまつりは、商工会やライオンズクラブなど企業ではない団体が多く出店していました。だからか、その運営ぶりはとても楽しそうに見えました。参加者と出店者が対等に楽しんでいる感じでしょうか。一方、六甲アイランドのイベントでは、出店者は基本的に企業です。だからかでしょうか、少し売り込み臭を感じてしまいます。価格にしても、ご奉仕価格というのではなく、ちゃんと利益を載せている感じです。また、会社から派遣されているからか、その運営に対して「やらされ感」が垣間見えます。非営利団体と営利団体という違いなので、どうしようもないと言えば、そうかもしれません。

 

最後に3。芦屋さくらまつりは、本当に人でごった返していますが、河川敷に降りれば音楽と食事を楽しめることができます。一方、六甲アイランドのイベントは、本当にすごい人です。歩くのもままならないほど。その人混みで疲れてしまうほどです。そのため、ひと通り見れば、家に帰りたくなるのかもしれません。

 

何か六甲アイランドの批判ばかりになりましたが、逆に言えば、工夫のしがいがあるということでもあります。例えば、

l  せっかく海に面しているのだから、海の近くでイベントを行う。海で行えば、レジャーシートで座ってもおかしくない。

l  企業以外が出店する場合、出店費用を下げて、非営利団体の出店を促す。

l  出店者が提供する料理のコンテストを行なって、食べる楽しみを作る。

など。もちろん、イベントを毎年継続するためにも、企業による協賛に依存するのではなく、その収益性を高める工夫も必要になります。

 

 

☆  今日のまとめ☆

芦屋さくらまつりは、「座れること」「模擬店の楽しさ」「程よい混み具合」により、とても楽しいイベントになっている。

六甲アイランドのイベントには無い長所である。

逆に言えば、六甲アイランドのイベントも工夫をすれば、外部の人間が毎年来たいと思えるイベントになる。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblr本格的に始めました

 

☆  今日のこぼれ話☆

芦屋さくらまつりは、桜と川という自然があるのも大きな魅力ですね。

そう考えると、六甲アイランドも海という資産を活用しない手はないです。

海辺で美味しい食事と音楽を楽しめるとなると、六甲アイランドサマーフェスティバルは神戸の夏の一大イベントになるのではないでしょうか。

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→◯

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→☓

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→◯

◎営業日誌を付ける→◯