JPローソン神戸

 

昨晩、神戸中央郵便局の横にあるローソンに行きました。そのローソンはいつものローソンとは違い、「JPローソン」という商号が掲げてあります。そう、この「JP」とは、「Japan Post」の略で、その名の通り郵便局のローソンです。

 

「JPローソン」で検索してみると、2008年8月にはJPローソンはオープンしていたみたいです。(神戸ではなく東京都中央区)ただ、この日本橋のJPローソンは、郵便局内での出店。今回私が言ったJPローソンは、郵便局と同じビルにあるものの、郵便局内ではなく郵便局ビルの一テナント。入り口も、郵便局とは独立していました。

 

どんな差別化がなされているのか

 

という好奇心を持って来店したのですが、入り口から入った瞬間、大きな発見がありました。それは、

 

便箋・ポストカードなどのポスタルグッズ売り場

 

を発見したからです。具体的には、

 

◯便箋セット

◯ボールペンや本などグッズ付き便箋セット

◯ポストカード

◯ホールマークのポストカード

◯その他手紙・ハガキを書くのに必要な紙類

◯ポストの形をした貯金箱

 

が販売されていました。ホールマークのポストカードは、独立した回転タワー型売り場に陳列されていたので、恐らくメーカーも巻き込んだ売り場だと思います。このようなポスタルグッズ売り場を作った理由は、

 

手紙・ハガキを書く機会を増やすことで、切手・宅配の売上を拡大するため

 

です。この売り場には、郵便局の意向が込められているのです。

 

一方で、

 

手紙・ハガキを書きたいと思った時に、かわいい・おしゃれな便箋・ポストカードが手元にない

 

という、消費者の悩みを解決してくれます。かわいいポストカードやおしゃれな便箋などは、東急ハンズやロフト・プラザ(旧ソニープラザ)に行けば手に入るのですが、買いたい時にお店が開いている保証はありません。特に、社会人の場合、仕事前と仕事後しか買う時間が取れないのですが、早朝や夜遅くに小売店が営業しているのは稀。その点、24時間営業のJPローソンならば、営業時間を考えずに便箋やポストカードを購入することができます。もちろん、他のコンビニ同様、切手も販売されていることでしょう。つまり、JPローソンは、

 

◯社会人の

◯仕事前・仕事後に小洒落たポスタルグッズ・切手を買いたいニーズ

 

を満たすことになります。ハガキや手紙を書くことは、宛名や文章を書くだけでなく、

 

◯ポストカードや便箋

◯切手

 

を購入する手間が発生するために、とても億劫なもの。それがハードルになって、手紙・ハガキをやめて、メールで済ませる人も多いのではないでしょうか。そこで、JPローソンに行けば、ポストカードや便箋と切手を購入できるので、このハードルが一気に下がります。その結果、郵便局が期待する切手の売上が伸びることになります。

 

これらをまとめると、JPローソンの差別化は、

 

おしゃれなポストカードや便箋などのポスタルグッズの販売

 

であり、

 

手紙やハガキを書きたい人に必要なグッズが揃うお店

 

ということになります。

 

☆  今日のまとめ☆

JPローソンは、おしゃれなポストカードや便箋を販売することで、他のコンビニと差別化している。

その結果、手紙やハガキを書きたい社会人にとって、必要なグッズがいつでも揃うお店として認識され、これが大きな強みとなる。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblr本格的に始めました

 

☆  今日のこぼれ話☆

JPローソンでもう一つ気づいたことがあります。

それは、PBがリニューアルされていたこと。

セブンプレミアムに劣らず、おしゃれに見えました。

さらに安い。

その結果、ローソンの客数は相当増えるのではないでしょうか。

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→◯

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→◯

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→☓

◎営業日誌を付ける→☓