中津商店街

 

100円商店街は、単に商店街全体を100円ショップにするイベントではありません。これを教えてくれたのは、100円商店街に関する書籍。この書籍をつまみ読みしたところ、とても面白い仕掛け・イベントであることがわかりました。(楽天ブックスでも100円商店街の本が売っています。

 

簡単に言えば、100円商店街とは、100円商品を集客商品にして、通常商品を販売するためのイベントです。店舗前に100円商品を陳列し、その会計のために店舗内まで入って来てもらい、通常商品をついでに買ってもらおうというシナリオが、このイベントには描かれています。

 

詳しいことは、書籍を読んでもらいたいのですが、要は単に通常商品を並べるだけでは、集客できないという考えがこのイベントの底には流れています。これ、商店街以外のどんな店舗にも当てはまると思います。つまり、いくら高品質の商品でも、単に並べているだけでは、なかなか店舗まで入ってもらえない。そこで、つい欲しくなる商品を割安な価格で販売することにより、来店動機を作るのです。

 

これを積極的に行っているのが、カルディ。店舗前でコーヒーの試飲を行っています。しかも、店舗内で試飲する仕組みです。これがあるからこそ、店舗近くを歩く消費者が店内に入り、ついで買いをするのです。また、コーヒーの販売自体も、来店動機を作る仕掛けでしょう。カルディでコーヒーを買うような人は、毎日コーヒーを飲むコーヒー好き。毎日飲むから、在庫も早くなくなりがちです。在庫を補充するために、カルディに来店するという仕掛けです。

 

100円商店街も同じですが、来店動機を高める商品は、そう儲かるものではありません。この割り切りができるか。購入先の選択肢がどんどん増え、使い分け消費が増えているからこそ、来店動機を高める仕掛けは、客数維持・引き上げにとても重要でしょう。

 

☆今日のまとめ☆

100円商店街の一番重要な点は、100円商品で集客し、店内に入るきっかけを持ってもらい、ついで買いをしてもらうということ。

同じことは、コーヒーの試飲や販売を通じて、カルディも行っている。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

モノを売るだけでは、コンビニなど大手にどんどん市場を奪われるだけ。

最近、改めて実感しました。

大手がやらない、面倒なこと、儲からないことをあえてできるかどうかですね。

しかも、それをやって利益を残すこと。

これが難しい。