自然をを楽しむ観光

 

前回、住民の実質賃金が上昇せず、そればかりかガソリン代・電気代の上昇で懐が寒くなり、その影響が地方小売店に及んでいることを取り上げました。ならば、もう大都市で稼ぐしかないんじゃないかと、ついつい考えてしまいます。これから、地方企業が、どんどん大都市に進出することは避けられないようです。しかし、ちょっと視点を変えると、地方にはまだまだ可能性があるんじゃないかと思うのです。

 

その可能性を与えてくれるのが、トラベラーではないでしょうか。それは、日本人観光客であり外国人観光客。以前にも取り上げたかと思うのですが、観光客は時間の制約があり、さらにコストよりもベネフィットを優先する傾向が強いので、品質の良さを納得してもらえれば、高くても売れます。ここに、賃金や物価上昇はさほど関係しません。つまり、観光客相手の商売に関しては、賃金・物価という地方の不利な点は、ほとんど悪影響を及ぼさないのです。

 

日経新聞を読むと、外国人観光客に対する新サービスの記事が目白押しですが、そのほとんどはまだ大都市だけの話。地方へ波及するには、まだまだ時間が掛かりそう。言葉の問題もありますし、外国人観光客を誘致するとなると、プロモーションなどそれなりのコストも掛かります。ならば、日本人観光客を増やす努力をしてはどうでしょうか。旅好きなシニア層はこれからまだまだ増えますし、この層をうまく獲得できれば、リピーターにすることだって可能かもしれません。

 

地方経済を救うのは、観光のような気がしてなりません。

 

☆今日のまとめ☆

実質賃金の低下・生活コストの上昇という悪条件の中にいる地方経済。

この悪条件の影響をほとんど受けない顧客層がある。

それは、日本人・外国人の観光客ではないか。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

最近気になるのが、白鶴の特別純米酒「山田錦」です。

スーパーで普通に販売されているのですが、まだ試飲をしたことがないので、なかなか踏み切れません。

日本酒度が少し低いような気がして…