◎本日のニュース

1)見出し

Screen Savers: Will Online Financial Planning Catch On?

2)要約
フィラデルフィアのベンチャー企業・ベリタットアドバイザーズは、

インターネットを使ったオンラインFPサービスを提供している。
このサービスは、ビデオチャットを活用し広範囲な
ファイナンシャルプランと投資アドバイスを提供する。

このオンラインサービスが生まれた背景には、
手頃で信頼できるファインシャルアドバイスが
大きく不足しているという事態がある。
FPサービスは労働集約型のサービスなので、
一人あたりのプランナーが対処できるクライアントの数が限られるからだ。
また、資格保有者自身が対面でサービスを提供するがゆえに、
相談料やプラン作成費用が高く付く。

一方で、安いFPサービスには欠陥があるのではないか
という疑いの目が強いのも事実である。
ベリタットアドバイザーズのサービスでは、
単にコンピューターを使って自動でプラニングするのではなく、
ビデオチャットを使って個別カスタマイズしたアドバイスを行うことも売りにしている。

※ベリタットアドバイザーズ https://www.veritat.com/

3)キーとなる英文
New online financial-planning services, led by a Philadelphia-based
startup called Veritat Advisors, aim to replace the traditional
in-person approach with a faster, cheaper beam-me-into-your-living-room model.

4)キーとなる英文の和訳
フィラデルフィアを本拠とする創業間もない企業・ベリタットアドバイザーが
提供する新型オンラインファイナンシャルプラニングサービスは、
対面で対応するこれまでのアプローチを、
モニター越しで対応するより速くより安いモデルに置き換えることを目指している。

5)気になる単語・表現
in-person       形容詞     生の
beam    他動詞     (光・放送)を~に向ける、送る

6)今日のヒント
オンラインFPサービスと聞いて、オンライン証券を思い出した。
オンライン証券とは、SBI証券やマネックス証券などの
ネット上株式売買などの証券取引を仲介するサービスである。
これまでは、野村證券や大和証券などで、店舗で人が行っていた。
この対面サービスをオンライン上で行うことにより、
店舗や人を減らすことができ、低コストで運営を行うことができる。
この結果、利用者に安い手数料で仲介サービスを提供できる。

FPサービスも、ファイナンシャルプランナーがクライアントを
インタビューし、ライフプラン・キャッシュフロー表を作成することで
今後のお金の計画を立てるという対面サービス。
それゆえに、プラニング費用や相談費用が高くなるという大きな欠点を抱えている。
この欠点をITの力で解決しようとするのが、今回取り上げられた
ベリタットアドバイザーのオンラインFPサービス。

オンラインサービスにより、クライアントはわざわざ
ファイナンシャルプランナーとアポイントを取る必要がなく、
必要な時にすぐに相談できる。これは大きなメリットである。
一方で、ファイナンシャルプランナーに直接面談できず、
画面越しに面談することになる。しかし、対面サービスを受けられないゆえに、
低価格でFPサービスを受けることができることは嬉しい。
この3つの点をまとめると、
◎すぐにサービスを受けられる=これまでのFPサービスに加えられた要素
◎直接面談できず、画面越しでサービスを受ける=これまでのFPサービスから取り除かれた要素
◎低価格でFPサービスを受けられる=これまでのFPサービスよりも低コスト
となり、まさにブルーオーシャン戦略となる。
※ブルーオーシャン戦略=今までの商品に、消費者の望むベネフィットを加え、
消費者が不要とする要素を削除することで、低価格で提供するという戦略

FPサービス以外でも、対面でサービスが提供されるビジネスでは、
消費者のベネフィットが減らないという条件で自動化することにより、
低価格化が実現できるだろう。このようにブルーオーシャン戦略を活用することで、
新規参入企業が業界地図を塗り替えることも可能となる。

***************************
《今回のヒントのまとめ》
▼オンラインFPサービスでは、自宅にいながらビデオチャットを利用して、
ファイナンシャルプラニングサービスと投資アドバイスを低価格で受けることができる。

▼これは、従来のFPサービスに、すぐにサービスを
受けられるという消費者ベネフィットを加え、
一方で対面サービスを除くことにより、低価格化を実現したブルーオーシャン戦略である。

▼FPサービス以外でも、対面でサービスが提供されるビジネスでは、
消費者のベネフィットが減らないという条件で自動化することにより、
ブルーオーシャン戦略を活用できるだろう。
***************************

6)おすすめ商品・サービス

◎インフォ麺ション⇒昨日訪問者は41名。↑

麺の口コミ・情報サイトです。
最新の掲載商品は、
千葉薬品 竹岡式らーめん
です。
インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention
※新規事業を始めるにあたり、このサイトをどのように行うか
近いうちに決めなければなりません。

編集後記
こんにちは、高尾です。
ブルーオーシャン戦略を学んだのは、2008年の冬。
神戸のとあるセミナーでした。
大変面白く感じたので、これから始める事業でも活用したいと考えています。
ただ、難しい。
高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com (アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。