Miracle Whip Lenten Recipes

◎本日のニュース

1)見出し
Kraft Spiffs Up Its Old Brands

【出典】
http://goo.gl/7wFPK

2)要約
米大手食品メーカーのクラフトフーズ社は、
長年売上が低迷する老舗ブランドの商品を、
奇抜なCMとフェースブックやツイッターを使って、
プロモーションしている。

その商品とは、ミラクルホイップやマカロニ&チーズ、
アテノススプレッドなど。
これまでの親子を使った健全なCMをやめ、
目を引くが物議を醸しかねないCMを使っている。

このような手法を取るのは、
これまで商品を手に取らなった若い消費者を振り向かせるためであ

る。
このプロモーションが功を奏して、売上は伸びている。 

3)キーとなる英文
The snarky Athenos hummus ad is part of Kraft’s effort
to shuck its stodgy image and adapt decades-old brands
like Miracle Whip and Macaroni & Cheese to the denizens
of Facebook and Twitter.

4)キーとなる英文の和訳
不機嫌なシーンを使ったアテノスハマスの広告によって、
クラフトは、その退屈なイメージを払拭して、
ミラクルホイップやマカロニ&チーズのような老舗ブランドを
フェースブックやツイッター利用者に広げようとしている。

5)気になる単語・表現
snarky  形容詞     不機嫌な
shuck   他動詞     ~の殻を剥く;~を脱ぐ
stodgy  形容詞     退屈な;興味のない
denizen 名詞      住人

6)今日のヒント
奇抜なCMやソーシャルメディア
(フェースブックやツイッターなど)を
使ったクラフト(Kraft Foods Inc.)のプロモーション事例として、
以下のものが紹介されている。
◯ミラクルホイップ(Miracle Whip)の好き嫌いが原因で
離婚しそうなカップルを募集し、
そのカップルに賞金をプレゼント。(来月開始予定)
◯ギリシャのおばあちゃん(高齢の女性)が、
アシノスハマス(Athenos Hummus)を使う
消費者に説教するCMを放映。
フェースブック上で話題になり15万人以上の友達を獲得。
◯マカロニ&チーズ(Macaroni & Cheese)に
関するツイートを偶然同時に行った消費者に、
マカロニ&チーズをプレゼント。
◯キャセロールに似た
ホームスタイルマカロニ&チーズ(商品名)のCMでは、
子供のマカロニ&チーズをつまみ食いする
親が逮捕されるCMを放映。
(子供のためにマカロニ&チーズを作る親は、
自分の分を作らずに子供の分を
つまみ食いすることが多いので。)

これらをまとめれば、
1.ツイッターでコンテストを実施して、
ツイッター上でのクラフト商品の露出を増やす。
2.奇抜なCMを放映して、
クラフト商品に興味を引く。
3.奇抜なCMを放映して、
クラフトのフェースブックファンページの支持者を増やす。
となるでしょう。奇抜なCMやコンテストが、
これまでクラフト商品を購入しなかった
若年層の消費者やネットユーザーに、
クラフト商品に興味を抱かせ、手に取るように誘導している。

ギリシャのおばあさんを使ったCMは、
ギリシャ文化団体からクレームがあったとのこと。
ただ、この路線を変えることは、
クラフトの営業戦略に関わることなので、
CMを撮り直さず、頑なにこだわっている。

また、ツイッターやフェースブックは、
CMとは違い、利用者が自分から行動をすることが求められる。
ツイッターなら、ツイート(つぶやき)する必要があり、
フェースブックならライク(Like)ボタンやファンボタン・
コメントを通じて参加する。
商品に対して主体的な行動を起こすと、
それ商品は深く記憶に残り、愛着もわく。
購入につながる確率は、
CMを見るだけよりもずっと高くなる。

ちなみに、これまでのCMは、
子供のためにマカロニ&チーズを作る母親や
オレオクッキーをミラクルホイップに付けて食べる父親を
描写したもの。クラフトは、CMの路線を大きく変更した。

クラフトの新規開拓戦略は、
既存商品を、新規顧客に販売する。
というもの。新規開拓戦略として、その他にも
◯新商品を、既存顧客に販売する。
◯新商品を、新規顧客に販売する。
がある。
クラフトが、「既存商品を、新規顧客に販売する。」を選んだのは、
既存商品にブランド力があるからである。
マカロニ&チーズは、
アメリカ人なら知らない人はいないぐらいのブランドであり、
売上が毎年5%ほど減少するミラクルホイップも、
毎年2億6000万ドルも売り上げる巨大ブランド。
さらに、ミラクルホイップは、1933年発売だから、
その長い歴史には驚かされる。

このように、クラフトは、ブランド力のある老舗商品を、
奇抜なCMやコンテストで興味を引き、
フェースブックやツイッターで主体的な行動に
組み込むという販売戦略を採った。
これにより、これまでリーチできなかった
若年層の消費者に商品を伝え、
購入へと導こくとしている。
この戦略において、
「ブランド力」
「興味をひく仕掛け」
「ソーシャルメディアによる主体的な行動」
は欠かせない要素だろう。

クラフトフーズ社 http://www.kraftrecipes.com/home.aspx
ミラクルホイップのCM http://youtu.be/BqXoFHZW_J4
ホームスタイルマカロニ&チーズのCM http://youtu.be/Dy85lAKLasw
アシノスハマスのCM http://youtu.be/x9LinzE_85I

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)クラフトフーズ社は、
奇抜なCMやツイッター上のコンテスト・
ソーシャルメディアの活用により、
これまでリーチできなかった若年層やネットユーザーに、
老舗ブランド商品をプロモーションしている。

2)奇抜なCMやコンテストにより興味を引き、
ソーシャルメディアの活用により主体的な
関わりを持たせ、購入に導いている。

3)既存商品を新規顧客に販売する新規開拓戦略を用いたのは、
クラフトが、マカロニ&チーズやミラクルホイップなどの
ブランド力のある商品を持っているから。

4)このように、クラフトのこの営業戦略において、
「ブランド力」「興味をひく仕掛け」
「ソーシャルメディアによる主体的な行動」は
欠かせない要素だろう。

***************************

毎週火曜・土曜の18時にて、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

6)おすすめ商品・サービス

◎Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

宮ノ下 スパークリング デラウェア 白中口
http://goo.gl/5xJmD
です。

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
こんばんは、高尾です。
7月になり節電の夏が始まりましたが、
みなさんは暑さをどのように乗り越える予定ですか?
私は、エアコンを我慢しようかと思います。
(昼間だけですが)
節電はもちろん、節約にもなります。
ただ、仕事の効率が下がるので、
何かしら工夫が必要。
扇風機買えばいいのですが、
置く場所がないんですよね。
窓を開けるぐらいしか思い付きません。
(ただ、外はマンション建設の工事中なので、かなりうるさい。)
何かアイデアあれば、教えてください。
よろしくお願いします。(かなり切実!)

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。