先日、ヤフーニュースかどこかのサイトで、日本のハンバーガー市場についての記事を目にしました。その内容は、

 

成熟したように見えるハンバーガー市場であるが、細分化・棲み分けが進んでおり、まだまだすき間が残っているかもしれない。

 

というもの。店舗数・ブランド認知度で圧倒的トップのマクドナルドがある一方で、

ロッテリア→原材料でこだわり

モスバーガー→国産志向

バーガーキング→ボリューム感

フレッシュネス→大人のハンバーガー、ドリンク類が豊富

というように、各社は巨人・マクドナルドと直接バッティングしないように、ターゲットを絞り込んで商品を開発しています。

 

ハンバーガーでこれだけ細分化・棲み分けしているということを考えると、その他の外食市場でも細分化してもいいはず。価格競争の激しい牛丼業界はどうでしょうか。吉野家・すき家・松屋、みんな同じ土俵で価格競争を行なっています。価格に敏感な人は、3チェーンのいずれかに行くことでしょう。しかし、低価格のお店に行きたくないという人もいるはず。例えば、女性やカップルなど。これらの消費者には、

雰囲気(女性でも入れるおしゃれな店内など)

美味しさ

ドリンクの豊富さ(アルコール提供も含めて)

宅配サービス

などで差別化できるのではないでしょうか。オペレーションの難しさ、収益の違いなどにより、どこまで多店舗展開できるかはわかりません。ただ、

オーバーストア(店舗が過剰)で競争が激しく、景気が悪いから、価格競争をせざるを得ない

というのは、あまりにも短絡的かと思います。ハンバーガー市場を見ると、外食業界にはまだまだすき間があり、工夫のしがいがあるように感じます。

 

☆今日のまとめ☆

成熟しているように見えるハンバーガー市場だが、プレイヤー各社は巨人・マクドナルドと直接バッティングしないように、差別化を行なっている。

他の外食分野も、安易に価格で訴求するのではなく、工夫のしがいはまだまだあるように思う。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?
Twitterやっています
FaceBookは現在研究中
キーワード毎にまとめた高尾亮太朗のTwitterまとめサイト

 

☆ 今日のこぼれ話☆

Googleで「ハンバーガー」と検索すると、第ニ位はなんとモスバーガー。(一位はwikipedia)

検索結果1ページ目には、マクドナルドはありませんでした。

これは意外。

もしかして、何か意味があるのでしょうか?

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→☓

◎毎日情報を発信する→☓

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→◯

◎腕立て・腹筋30回→☓

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→☓

◎部屋や家の掃除をする→☓