無印の旧整うノート100円

ここ5年ほど、考え事やメモを書いたりするのに、リングノートを使っていました。リングノートとは、紙が金属の輪っかで綴じてあるノート。たたみやすく、2つ折にするのも簡単なので、商談などでノートを使う人にはぴったりかと思います。

そのリングノート、普段は無印良品のを使っています。書きやすく、さらに値段も安い(なんと105円)。さらに、ファミリーマートに売っているので、無くなればいつでも補充できます。ただ、この前ファミリーマートで買った「整うノート」が意外に使いきれておらず、使いさしであったので、今回はこの「整うノート」をリングノートの代わりに使うことに。「整うノート」とは、罫線にドットが入っており、また一ページごとにテーマを書く欄があり、考えを整理するのに適している作りになっています。ただ、リングノートではなく、糊で綴じてあるタイプです。

リングノートでない分、コンパクトに使いにくくなりますが、実際に使ったところ、そんなに使いにくいわけではありません。「意外に使える」というのが、印象でしょうか。この「整うノート」、少し変わった作りなのですが、価格は税込100円。値段は安いのです。

次からこちらのノートに切り替えようかと思い、サイトで調べると、思わぬことがわかりました。それは、

価格がさらに低くなっている

ということ。詳しくは、

一冊 税込56円

三冊セット 税込140円

無印のノートの中でも、安い部類に入ります。

無印良品と言えば、ライフスタイルを売るお店。スローでナチュラルなライフスタイルに合う商品を取り扱っています。だから、どちらかと言えば、価格は高めなのです。少なくとも、ディスカウントと呼ばれるお店(100均のダイソーやユニクロ、ニトリなど)よりは、値段は高くなっています。

そんな価格ではなくライフスタイルを売る無印なんですが、ノートが税込56円。さらに、調べると、紐・ペンなどの消耗品で100円未満の商品がいくらかあるようです。

無印が一部の商品(特に消耗品)を100均顔負けの低価格で売る理由は、

集客を促すため

だからではないでしょうか。単価と来店頻度は一般的に反比例するので、比較的高単価のライフスタイルショップは、来店してもらうのに苦労します。だから、売場をコロコロ変えて、新鮮味を出すのでしょう。また、消耗品や食品など無くなりやすいもの・リピート購入しやすいものを販売するのも、来店策の一つ。無印は、さらにこの策を推し進めるために、消耗品を低価格で提供しているのだと思います。

このやり方、マクドナルドとそっくり。マクドナルドは、集客を促すために、

100円マック・120円マック

という低価格商品を提供しています。この商品で来店を促し、ビックマックを注文してもらうことで、利益を稼いでいるのです。同じように、無印良品は、ノート・ペン・紐などの低価格の消耗品を提供することで来店を促し、衣料品や家具を販売することで、利益を稼いでいるのです。

ライフスタイルを売る無印良品とファストフードのマクドナルド。一見全く異なる業種・業態ですが、その販売手法は似ているようです。

☆今日のまとめ☆

無印良品は、消耗品を低価格で販売することで集客を促し、衣料品や家具を販売することで利益を稼ぐ。

この販売手法は、100円マックで集客し、ビックマックで利益を稼ぐマクドナルドに大変似ている。

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblrで年率5%運用するための情報を発信しています。

☆今日のこぼれ話☆

神戸BALの無印では、メガネも扱っています。

ただ、メガネ売場にお客さんは1人もいませんでした。(週末なのに)

売れ行き不振の理由は、価格なのか、それとも品揃えなのか。

他のメガネショップも覗いてみましたが、お店によって集客数に大きな違いがあるように思えました。

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→☓

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→☓

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→☓

◎部屋や家の掃除をする→◯

◎営業日誌を付ける→☓