DHLのトラックby courtesy of Peter Mooney

 

またまた楽天の物流に関する記事から。楽天の物流部門には、トヨタ出身の執行役員がおられるようで、トヨタ流のジャストインタイム方式を導入しているようです。

 

ジャストインタイム方式を物流に当てはめると、

 

必要な商品を、必要な時に、必要な量だけ届けること

 

となります。つまり、この理論の中には、

 

早く届けること

 

が入っていないのです。ヤマトやAmazonが当日配達の拡大に力を入れるのとは、大きな違い。トヨタ出身の執行役員は、物流企業が抱く「できるだけ速く届けることが最優先事項」という考え方に疑問を抱いていたようです。

 

実際、配達サービスへの希望に関するアンケートでは、次のような結果が出ました。

 

【配達サービスへの希望に関するアンケート結果】

[1位]配達時間帯の指定 68%

[2位]配達日の指定 62%

[その他]翌日配送9%、当日配送4%

 

消費者が配達の速さを対して求めていないことがわかります。それよりも、日時指定できることを求め、受取の面倒さを解消したいと考えているのです。

 

このアンケートを行った団体名は忘れましたが、業界団体だったと思います。よって、それなりに信頼できるでしょう。また個人的にも、当日や翌日の配送よりも、より細かい日時指定できる方がありがたいと感じるので、日時指定へのニーズはそれなりに高いと思われます。

 

何事もついつい「速さ」が優先されると思われがちですが、宅配に関しては、その常識が当てはまらないことがわかります。そう言えば、コンビニでスイーツが売れているのも、「美味しさ」や「安さ」ではなく、「一個から気兼ねなく買えるから」だそうです。常識を疑うことはから始めると、大きな発見・ビジネスチャンスに巡り会えるかもしれませんね。

 

☆今日のまとめ☆

楽天の物流部門の凄さは、物流企業が抱きがちな「できるだけ速く届けることが最優先事項」という常識を疑ったこと。

実際、速さよりもより細かい日時指定を消費者は求めている。

常識を疑えば、新しい何かが見えるかもしれない。

 

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

ネット通販市場が増えるほど、物流の重要性が増します。

よって、物流企業には注目しています。

成長性が高い割に、安定しているビジネスではないでしょうか。