◎本日のニュース

1)見出し 
Snooty? Not Today’s Wine Drinkers

出典
http://goo.gl/OpwmO


Holiday Spirits in Full Swing at Pacific Place

2)要約
景気の回復基調によって、アメリカのワイン業界は、
業績を回復している。
しかし、消費者の低価格志向が依然続いているため、
売上数量は伸びても売上金額は伸び悩む傾向にある。

というのは、金融危機によって、
これまで買っていた価格帯よりも低いワインを
飲むようになった消費者の多くが、
その低い価格帯のワインで満足しているからである。

その結果、ワイン業界で一番売上を伸ばしているのが、
9~12ドルの中価格帯のワインになり、
これより高い価格帯のワインは大きな割引を余儀なくされている。

この影響は、特に販売ルートの限られる
中小ワイナリーに大きく、売上・利益の圧迫要因になっている。

3)キーとなる英文
After switching to less-expensive wines in
the downturn, many consumers are staying at
those lower prices because they liked what
they found, industry executives and analysts say.

4)キーとなる英文の和訳
業界の経営層やアナリストによると、景気後退期に
価格のより低いワインに切り替えた消費者の多くは、
このより安いワインを買い続けている、という。
その理由は、そのワインを気に入ったからである。

5)気になる単語・表現
downturn
名詞
(景気や物価などの)下落、沈滞
executive
名詞
幹部、高官、取締役、重役
※afterの構文を直訳すると、
「景気後退期に価格のより低いワインに切り替えた後」になる。

6)今日のヒント
景気回復の恩恵はワイン業界にも及んでいる。記事によると、
数量ベース:昨年3%上昇(’09は2%上昇)
なので、やんわりと売上を回復していると考える方がいいようだ。

しかし、ワインをより細かくセグメントしてみると、
高級ワインの売上はそれほど回復していない一方で、
中価格帯のワインの売上が大きく伸びていることがわかる。
記事によると、ワイン大手のコンステレーションブランドは、
年末のセール時期に高価格帯ワインの販促に力を入れたにもかかわ

らず、
数量は思ったほど伸びなかったという。
一方で、9~12ドルのワインは、昨年12%も売上数量を伸ばしている。

記事の要点は、
◎価格帯の低いワインの味を知った消費者の多くは、
その味で十分と感じるようになり、景気後退前に飲んでいた
価格帯のワインに戻らなくなった。
と読み取ることができる。

ワインは、ぶどうの品種・原産地・製造方法(栽培・醸造)・
ワインの貯蔵方法が品質(いわゆる味)に影響を与える複雑な商品。
しかし、その飲み方は、グラスに注いでそのまま飲むというシンプルなもの。
その味が自分の味覚に合うかどうかが、買ってよかったかどうかを決める。
だから、安いワインでも高いワインとそれほど味に差がないと、
安いワインで十分だと感じるのは、理解しやすい。
味の差別化だけで、高いワインを売ることは難しくなったと言えるだろう。

ならば、どうやって高いワインを売るのか。
高いワインを買いたくなる動機付けを消費者に与えればいい。
例えば、そのワインの造り手の素顔や歴史を伝えれば、
高くても欲しくなるだろう。ワインの造り手や販売店が、
消費者とコミュニケーションのやり取りをして、
コミュニティを作るのもいいだろう。ワインの背景にあるコトを知れば、
そのワインの味も格別になるかもしれない。
味での差別化以上に、造り手・売り手と消費者とのつながりが、
売上に大きな影響を与える重要な要素になるように思える。

***************************
《今回のヒントのまとめ》                                       

◆景気回復によって、アメリカでは
ワインの売上も上昇している。

◆しかし、景気後退後により価格の低い
ワインに切り替えた消費者は、
その安いワインで満足するようになり、
高価格帯のワインの販売は苦戦している。

◆ワインは飲み方がシンプルな商品なだけに、
それほど味に大差なければ、
価格の低いワインで満足するのだろう。

◆そのようなワインのおいて、
高価格帯のワインを販売するには、
造り手や売り手と消費者とのつながりを強化する必要がある。

◆ワインの背後にある造り手や歴史を知ると、
同じワインでも味は格別なものに感じるだろう。

***************************

6)おすすめ商品・サービス 

インフォ麺ション⇒ 訪問人数9人↓
麺の口コミ・情報サイトです。
最新の掲載商品は、
4901810394999 イオン トップバリュとんこつラーメン95g

です。
インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention
※最近同じ麺類ばかり食べていることもあり、
更新ができていません。ゴメンなさい!

編集後記
こんばんは、高尾です。
昨日、新しいパソコンにアドビのdreamweaver
(ホームページ作成ソフト)をインストールしようとしたところ、
エラーメッセージが表示されました。
その表示によると、古いパソコンでまずアンインストールせよ、
とのこと。
忘れていました。
執筆が終わったら、アンインストールする予定です。
古いパソコンの接続をまたしないいけないと思うと、
億劫ですが。
パソコンを買い換えると、このようなソフトやデータの移行作業が多い。
同じような不満を持つ消費者は多いのではないでしょうか。
これもニーズにつながります。

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。