阪神の東北6県物産展

 

※「アメリカ経済事情」に関しては、サイト「ウォール・ストリート・ジャーナルから見た起業のヒント」にて更新しております。今後、ryotarotakao.comでの更新は行いません。

 

今回は、先週末に行った「阪神の東北6県物産展」で感じた課題について、述べようかと思います。What to Eat Yesterday のコーナーでも取り上げている通り、この物産展で食べた料理は、どれも美味しいものでした。この物産展によって、

 

東北=美味しいものが満載、グルメの人にとっては天国

 

という等式が頭に刷り込まれたと思います。

 

この東北6県物産展は、

 

試食が多い

 

のも楽しめる大きな要因。また、お店の方が方言まじりのため人間味を感じるので、ほっこり心が温まるます。売り込み臭の少ない、心あたたまるイベントに感じました。

 

そんな中で幾つかの商品を購入したのですが、一つ問題点が浮かび上がりました。それは、

 

どのお店の商品かがわからない

 

という点です。買った商品は、魚介類の揚げ物を甘辛く煮た物。とても美味しく、さらにお店の方にとても人懐っこく接客されたので、お店への愛着も湧きました。しかし、そのお店の名前がわかりません。

 

同じく買った漬物のように、パッケージされた商品ならば、そのパッケージにお店の名前やブランド名・企業名が記載されてあるのですが、プラスチックの容器に入れた総菜のため、表示自体がありません。

 

東北6県物産展のチラシやホームページを調べてみましたが、そこにも無し。食べ比べ対決のイベントがあったので、そのイベントに出場した商品は、画像と企業名・屋号がありました。しかし、それ以外の商品については、全く触れられていません。

 

確か、イベント会場には出店地図があったと思いますが、もらい損ねました。どこの県すらもわかりません。このままではお店とのつながりは、全く消え去ります。

 

商品を買ってもらうことは、なかなか難しいことです。さらに、お店自体を好きになってもらうことは、それ以上に難しい。ただ、この難しいハードルをクリアしてもらえれば、リピーターとして商品を継続的に購入してもらうことができます。店舗型商売の場合、リピーターの獲得こそ商売の目的と言っても過言ではありません。リピーターこそが、利益をもたらすからです。このように考えると、今回揚げ物の甘辛煮を買ったお店は、難しいハードルをクリアしただけに、リピーター獲得の絶好のチャンスを逃したことになります。

 

ショップカードやチラシを商品と一緒に渡す

 

ことをしていれば、イベント後の売上につながったかと思います。

 

このような残念な出来事は、阪神の東北6県物産展だけでなく、物産展等のイベントではよく起こることです。イベントで売上を最大化することはもちろん重要ですが、イベント後の売上、さらにリピーター獲得に繋がる仕掛けを組み込むことは、もっと重要ではないでしょうか。

 

【以前に書いた関連した記事】

灘の酒SUMMERガーデン、集客と販促効果の関係。

ビア・フェスティバル2012、出展メーカーの費用対効果を高めるための方法とは?

 

☆今日のまとめ☆

イベントで商品を販売する場合、ブランド名や企業名を伝えるチラシがないと、一期一会で終わってしまう。

イベント後の売上に繋がる仕掛けは、イベントでの販売よりももっと重要ではないか。

 

☆What to EAT Yesterday☆

昨日見かけたのが、こちらのケーキ。

神戸娘メープルロール

新神戸駅の駅ビルの看板で知りました。

米粉とメープルを使ったロールケーキ、一度食べてみたい。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

食以外のマーケティング・戦略に関するブログはこちら

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblrで年率5%運用するための情報を発信しています。

 

☆    今日のこぼれ話☆

東北6県物産展では、スルメも試食しました。

出来立てほやほやのスルメを食べたのは、初めてかもしれません。

少し値段が張りますが、お土産には喜ばれそうです。

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎    朝6時に起きる→☓

◎    毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→◯

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→☓

◎営業日誌を付ける→☓