先日、街角で手に入れたチラシがこちら。

画像

このパソコン教室のチラシ、封筒に入っていました。

パソコン教室というビジネスに少し興味があるので、店頭で自分から手に入れることに。

開けてみると、びっくり。

画像ではわかりにくいですが、一見A4に見えるチラシの紙が、厳密にはA4ではないのです。

大きさのことを言っているのではありません。

形のこと。

紙の縦の部分がまっすぐじゃないんですね。

明らかに、これはA3かそれ以上の紙を切ったもの。

何とも、みっともない。

しかも、テキストや画像のプリントアウトの仕方を教えるお店のチラシだから、何ともおかしい。

もしかしたら、このパソコン教室では、かなりアナログな使い方を教えてくれるのかもしれないですね。(笑)

ほんと、些細なことです。

チラシを作成した人も、悪気があってしたのではなく、これぐらい許されるだろう、と思ってチラシを作ったのだと思います。

印刷する紙の大きさを間違ってしまったけど、コスト削減もしなきゃいけない。

だから、苦肉の策として、A4になるように切ったのかもしれない。

だとしたら、厳密にA4になるように切らなければ、いけない。

モノやサービスを初めて利用する時は、こういう細かい所を見て質を判断し、使うかどうか決めるもの。

チラシだから、手に取って、見てもらって、中身を判断してもらえれば充分。

こういう考えかもしれませんが、判断してもらって実際に利用してもらえるかどうかは、意外に見た目(デザインというよりはきっちりしているかどうか)で決まるのかもしれません。

☆ 今日のまとめ☆

消費者は、意外に些細な所を見ている。

些細な部分から、使ったことのないモノやサービスの質を判断する。

☆4/68の目標☆

1 プライベートブログの更新 ◯
2  午前7時起床 ×
3 毎朝、鏡の前で笑顔の練習 ◯
4 腕立て・腹筋を各30回 ×
5 部屋・事務所などの掃除をする ×
6 手帳に今日の反省の明日の希望を書く。×
7 AFPの勉強をする。 ×
8  読書(書籍・雑誌)をする ×
9 毎朝、ツイッターでつぶやく ×

(今 日のこぼれ話)

昨日は、神戸の伊藤さんが主催しているカフーツの会合に参加。

自営業者が、他業界の人と交われる場を作ろうと言うのがカフーツの趣旨。

日本ではありそうでなかったサービスとも言える。

普段自宅で作業をする私としては、大変うれしい場所。

ただ、初めての試みだけあって、どんな場になるかのイメージも付きにくい。

カフーツから、社会を変えるモノやサービスが生み出されると、すごい。

やるからには、大きなインパクト与えたいなぁ。

夢は大きく、ただ、小さく始める。

カフーツについてはこちら。

オ フィシャルサイトはこちら。
ツイッター、ぜ ひフォローお 願 いします。

(イ ンフォ 麺ション)⇒昨日の訪問者は32人でした。↓
麺(めん)の 口 コミ・価格情報・データベース  「インフォ麺ション」

(今 日の言葉)

最高位に昇らんとせば、最下位より始めよ。

(シルス)