オランダのマクドナルド

 By Gerard Stolk (vers la Septuagésime)

マクドナルドの売上不振を検証するシリーズも、今回で最後です。これまで、商品サービスと来まして、最後はクレンリネス。そう、レストランの基本である、Q(クオリティ・品質)S(サービス)C(クレンリネス・清潔さ)ごとに、検証してきました。申し訳ないですが、今回も私の推測によるものです。

 

以前、このような垂れ幕を発見しました。

 

めくれているマクドナルドの垂れ幕

 

神戸・元町のマクドナルドです。この前の通りをよく通るのですが、このようなめくれた垂れ幕を見たのは初めて。10月下旬のことです。この頃のマクドナルドというと、既存店売上高は、5月から10月まで6ヶ月連続で前年を割れています。さらに、10月は、5月に次ぐ悪さなのです。垂れ幕がめくれているのは、クレンリネスというよりも規律の緩みによるものでしょう。やるべきことが守られていないから、このような不格好な垂れ幕が堂々と掲げてあるのです。この垂れ幕から、店内の様子はなんとなく想像が付きます。

 

そこで、「もしかしたらマクドナルドの店内は汚いのではないか?」という推測のもと、「マクドナルド 汚い」でグーグル検索しました。すると、1ページ目に出てきたのがこちら。2012年1月に投稿されたものです。本当かどうかはわかりませんが、低価格ファストフード店なので起こっても不思議ではありません。

 

では、なぜこのようなクレンリネスの低下を招いたのか。それは、

 

2004年12月期から続いた好業績に胡座をかいていたから

 

ではないかと、思います。つまり、原田泳幸さんがトップとしてやってきてから、本部による商品開発・販促企画が当たりに当たった一方で、店舗では、本部の指示通りに売るべきものを売っておけばいい、という思考に陥ったのではないでしょうか。その結果、レストランの基本中の基本である、クレンリネスが疎かになっても不思議ではありません。何せ、少々清潔さが低下しても、収益が上がるのですから。その積もり積もった垢が、2012年に溢れだし、利用客が気づきだしたのではないか、と推測します。

 

そして、起死回生を目指して始めたのが、驚きの販売手法・60秒キャンペーン。しかし、面白い企画ながら、クレンリネスは低下したまま。そのため、サービス低下を指摘する声が起こるのです。

 

サービスの質が低下? マクドナルド60サービスが物議を醸す

 

実際にこの企画を見たわけではありませんが、提供商品の画像を見る限り、キッチンは相当荒れていたのは間違いないでしょう。カウンターから垣間見えるキッチンの汚さに、辟易した顧客も多いのではないでしょうか。

 

このように考えてみると、マクドナルドの売上不振は、QSCの低下によるもの。皮肉にも、着任したばかりの原田さんが行ったのは、QSCの向上。再度、「バック・ツー・ザ・ベシックス」が行われるのではないかと、読んでいます。

 

☆     今日のまとめ☆

マクドナルド売上不振の要因として、クレンリネスの低下が考えられる。

低下したのは、本部による商品開発・販促企画が当たりに当たったので、店舗が指示通りに売ることばかり考え、基本が疎かになったからではないか。

再度「バック・ツー・ザ・ベシックス」が行われ、V字回復を目指すのではないか。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

マーケティング・ビジネスのヒントに関するブログも書いています

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆     今日のこぼれ話☆

マクドナルドを最近利用しない理由として、トランス脂肪酸を回避したいというのもあります。

本当かどうかはわかりませんが、マックフライポテトはショートニングを使って調理するので、トランス脂肪酸が含まれている恐れがあります。

これを知ってから、フライドポテト自体食べなくなりました。

 

☆サイゼリア創業者 正垣泰彦の言葉☆

「問題点を正しく把握するには、何が問題だ、と考えるのではなく、なぜ自分はそれを問題と感じるのか、と考える週間を付けることだ。」

『おいしいから売れるのではない 売れているから美味しい料理だ』より)

※創業者・経営者・商売人の心に残る言葉、元気になる言葉を紹介しています。