ワイン売り場

 By photonooner

 

先日、三田のプレミアウトレットに行った際に、となりのイオンモールを覗きました。その日は、イオン感謝デーでさらに改装セール最終日だったため、かなりの混み様。17時頃とあり、イオンの食品売場も多くの人で賑わっていました。

 

イオンに来た一つの目的として、酒類売場を見るというのがありました。イオンは、今お酒、特にワインの販売に力を入れています。イオンリカーという名称で、GMS内だけでなく独立店舗でも展開しています。

 

実際、GMS内のイオンリカーに行くと、ワインの品揃えはかなり豊富でした。GMSの入り口にいきなり、トップバリュブランドとイオン専属のインポーター・コルドンヴェール直輸入品がずらりと並んでいるほど。そこから、ワイン売り場がつながり、ビール・日本酒と続いていきます。

 

品揃えは凄いのですが、人はまばら。あれだけ食品売場に人がいるのに、目の前の口福堂(柿安が展開するおはぎ屋さん)には行列ができているのに、イオンリカーにはほとんどお客さんがいないのです。私を含めて5人以下だったかと思います。ワイン売り場には、全くお客さんはいませんでした。

 

あれだけ品揃え豊富なのに、集客できていないのには、何か理由があるはず。そこで、その理由を考えてみたところ、ピンと来たのが、

 

種類が多すぎて選べないから

 

という理由です。イオンも選び易いように、

 

価格帯別

ボルドー特集

メダル受賞商品売場

 

など、興味を引くようなカテゴリーを作っていました。しかし、そのカテゴリーには、お客さんは食いついていません。それでも、選べないからでしょう。ワイン売り場は二列にまたがっていたので、選ぶにはワイン売り場を歩く必要もあり、肉体的な手間もかかります。

 

このように考えると、

 

選択肢が多い=満足度が高い

 

が必ずしも成り立たないことがわかります。

 

ちなみにビール売場にも、お客さんはほとんどいなかったので、ビールの売れ行きも良くないと思っていました。しかし、実際には、ビールをカゴに入れている人を多数見ました。このギャップが起こるのは、食品売場内のビール売場で買っているからです。実際、食品売場内のビールの冷蔵ケースででは、二三のお客さんが品定めをしていました。これからわかることは、

 

一箇所で買える方が売れやすい

 

ということ。ワンストップショッピングへのニーズが、想像以上に強いのかもしれません。

 

イオンとしては、

 

特別な専門売場を展開

豊富な品揃え

 

により、消費者の満足度を高めようとしているのかもしれません。でも、実際には、

 

食品売場内の近い売場

選択肢が多すぎないこと

 

が、選好されているようです。思えば、コンビニには、

 

立地条件の良さ(近さ)

決済を早く済ませられる

取り扱い商品の種類が少ない

 

という特徴があります。スーパーよりもコンビニが売上を伸ばしていることを考えると、消費者は、

 

より近いこと

より選びやすいこと

 

を望んでいるのかもしれません。

 

☆     今日のまとめ☆

イオンの酒類専門売場は、食品売場から独立した売場として、ワインの品揃えが豊富なことが特徴である。

しかし実際には、その売場には買い物客はあまりいない。

それは、より近い売場・選びやすいことを望んでいるからではないか。

専門性が高く選択肢が多いということは、必ずしも求められているわけではない。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

マーケティング・ビジネスのヒントに関するブログも書いています

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆     今日のこぼれ話☆

トップバリュのボルドーワインは知っていましたが、リゼルバがあることは今回初めて知りました。

PBワインはまだ飲んだことがないので、今度各社飲み比べてみたいと思います。

 

☆サムシンググッド創業者 坂本桂一さんの言葉☆

「相手の像をつくって自分の頭の中に住まわせろということになる。自分流に相手のシュミレーターを創るのだ。像さえできてしまえばあとは、何が欲しいかやどうしてほしいかは、その像に聞けばいい。そして、像の精度が高ければ高いほど、相手のツボを外さなくなるから、営業やプレゼンテーションの成功率も上がっていくというわけだ。」

『頭の良い人が儲からない理由』より)

※心にぐさっと刺さる言葉・文章が満載で、精神的に疲れた時に読みたくなる良書です。

※創業者・経営者・商売人の心に残る言葉、元気になる言葉を紹介しています。