クローネのエキスプレスサービスのチラシ

 

先日入っていたのが、上の画像のチラシ。洋菓子のケーニヒスクローネのチラシです。ケーキ屋さんのチラシが、新聞折り込みであれ、ポスティングであれ入るのはほとんどありません。それだけでも珍しいのですが、それ以上に目を引いたのが、宅配サービス「クローネのエキスプレス」(PDFが開きます)を開始するからです。

 

宅配サービスは、通販人気からいろんな商材で行われています。一番身近なものでは、ピザや寿司でしょうか。これは、飲食業による宅配サービス。なら、クローネのエキスプレスは、洋菓子店による宅配サービスになります。しかし、洋菓子店の宅配サービスは、飲食店やスーパーの宅配サービスとは少し異なります。その違いは、以下のようにまとめられるかと思います。

 

【洋菓子店・飲食店・食品スーパーの各宅配サービスの違い】

[洋菓子店]持ち帰りの際にケーキが崩れるトラブルを防いでくれる

[飲食店]店まで行く手間を省いてくれる

[食品スーパー]重い物を持ち帰る手間を省いてくれる

 

もちろん、いずれの宅配サービスにも、店まで行く手間を省いてくれる効果・機能があります。通販も同じですね。それに加えて、食品スーパーの場合は、重い物を持ち帰る手間も省いてくれます。例えば、ペットボトルの水やティッシュペーパーを購入すれば、持ち帰るのは本当に面倒です。宅配サービスを利用すれば、この面倒なことが無くなるのです。飲食店・食品スーパーの場合は、あくまで手間を省いてくれるのです。

 

一方、洋菓子店の場合は、手間どころかケーキが崩れるというトラブルを防いでくれます。ケーキを持ち帰ったことがある人ならわかるかと思いますが、持ち帰りの際にケーキが横に倒れないか、クリームが箱につかないか、ヒヤヒヤものです。せっかく綺麗なケーキを高いお金を払って買っても、家に帰った時に崩れていたら、とても損をした気になります。洋菓子店の宅配サービスは、このトラブルを防いでくれるのです。保険の役割まで果たしていると言っても、過言ではないでしょう。だから、飲食店・食品スーパーの宅配サービスとは、全く異なるのです。

 

クローネのエキスプレスサービスを始めるにあたり、ケーニヒスクローネはお客さんのこういう課題を見出したのだと思います。この宅配サービスが上手く行けば、他社も追随するのではないでしょうか。

 

☆     今日のまとめ☆

洋菓子の宅配サービスは、単に顧客の面倒を省くだけにとどまらず、持ち帰り中にケーキが崩れるというトラブルまで解消してくれる。

保険の意味まであるので、飲食店や食品スーパーの宅配サービスとは格が違う。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

マーケティング・ビジネスのヒントに関するブログも書いています

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆     今日のこぼれ話☆

ケーニヒスクローネの宅配サービスについては、次回にも取り上げたいと思います。

ケーキ好きとしては、本当にありがたいサービスです。

 

☆経営コンサルタント 石原明さんの言葉☆

「ゴールは、世の中でだれかがやっていることを通して、意味がわかること。そう考えると、この世の中はみんな真剣になって自分のためにアイデアを実験してくれている、自分が成功するために世界中の人が頑張ってくれている、ということになります。」

『気絶するほど儲かる絶対法則 売れるしかけと勝てるしくみの作り方』より)

※ポッドキャストでいつもお世話になっています。この番組は本当に勉強になります。

※創業者・経営者・コンサルタントの心に残る言葉、元気になる言葉を紹介しています。