大阪・高島屋のデパ地下emmett anderson

 

先日取り上げたトヨタの記事の隣には、百貨店の記事が掲載されていました。そのタイトルは、「百貨店、攻めの改装。」アベノミクスの波に乗る百貨店は、鼻息が荒いようです。

 

大手百貨店が2013年度に店舗の改装投資を増やす。J・フロントリテイリングは12年度比25%増 の160億円、高島屋も同14%増の145億円を計画する。主に海外ブランドと食品の売り場を充実させる。株高効果や景気回復期待で、各社では高級ブラン ド品や価格が高めの「デパ地下」の食品が好調に売れている。広がり始めた高額消費を継続的に取り込む。(2013年5月30日付 日経新聞朝刊)

 

百貨店の景気はいいようです。だからこそ、改装によってこの好機を活かそうとしているのです。その主要武器は、高級ブランド。ただ、高級ブランドの利益率は1割程度と低いため、より利益率の高く、売上好調なデパ地下にも力を入れるようです。

 

以前アベノミクスとデパ地下の関係について、取り上げました。その時は、百貨店の売上増の波が、デパ地下にまで及んでいないと述べました。しかし、今回の日経記事によると、デパ地下の食品販売も好調とのこと。そこで、デパ地下に店舗を展開するロック・フィールド柿安本店の既存店売上について、調べてみました。

 

【ロック・フィールドと柿安本店の2013年1月~4月既存店売上比較】

[RF1(ロック・フィールド)]4ヶ月連続前年割れ

[神戸コロッケ(ロック・フィールド)]1月のみ前年クリア

[融合・asia(ロック・フィールド)]4ヶ月連続の前年割れ

[三日坊主・いとはん(ロック・フィールド)]1・3月は前年クリア

[精肉事業(柿安本店)]1・3・4月は前年クリア

[総菜事業(柿安本店)]4ヶ月連続前年割れ

※     RF1は洋食・サラダ、神戸コロッケは揚げ物、融合・asiaは中華・エスニック、三日坊主・いとはんは和食

 

ロック・フィールド・柿安本店とも、各総菜ブランドは苦戦しています。特に、3月に盛り返したブランドも、4月には再度落ち込んでいます。

 

【ロック・フィールド・柿安本店の4月売上不振ブランド】

[RF1]99.9→98.1

[神戸コロッケ]98.4→95.1

[融合・asia]90.5→87.8

[三日坊主・いとはん]101.1→95.2

[柿安・総菜]99.5→91.49

※     既存店売上の前年比比較。3月→4月。

 

総菜の売上が4月落ち込んだのに対し、精肉は拡大しています。アベノミクス効果は、総菜ではなく精肉に働いたことが、わかるかと思います。

 

そこで改めて、記事に目をやると、次のような説明を発見しました。

 

百貨店の食品の中でも価格が高めの商品は年明け以降、売れ行きが良くなっている。(同日付、日経新聞朝刊)

 

つまり、総菜は価格が低めだから売れ行きが悪く、一方で精肉は価格が高めだから売れ行きが良いのです。思えば、デパ地下でもより混雑しているのは、ケーキや菓子などのスイーツ売場。一方、パンや総菜・生鮮売場は、それほど混んでいません。これまで行列に並ばないと購入できなかった、阪急うめだ本店のル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュのバケットが、並ばずとも買えたことが、物語っているのだと思います。

 

【デパ地下に見えるアベノミクスの明暗】

[売上好調]価格が高めの商材=スイーツや精肉など

[売上不調]価格が低めの商材=パンや総菜など

 

デパ地下の総菜ですら、アベノミクスの効果を享受出来ていないことを考えると、スーパーの食材や総菜は、販売に苦戦しているのだと思います。

 

☆今日のまとめ☆

アベノミクス効果を享受しているのは、デパ地下の高額商品。

例えば、スイーツや精肉など。

一方、パンや総菜は、効果がないどころか、売上は低迷しているようだ。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

マーケティング・ビジネスのヒントに関するブログも書いています

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆    今日のこぼれ話☆

本文でも触れた通り、モンジュのバケットを早速購入してみました。

食べた感想は、まぁまぁ美味しい。

私にとっては、「すっごく」ではなく「まぁまぁ」でした。

行列に並んで買うと、その分期待が膨らみますね。

この期待がはじけたから、行列が消滅したのかもしれません。

それとも、たまたまあの土曜日だけかな。