虎屋のあんみつby courtesy Hajime NAKANO

 

先日、神戸・サンチカの喫茶店・神戸風月堂で、とある発見をしました。目に入ったのは、シニア層で混み合う店内。その要因として、次の3つが浮かびました。

 

【神戸風月堂がシニア層で混み合う要因】

[1]激しい暑さのため

[2]駅近だから

[3]あんみつ・みつ豆など和スイーツが充実しているから

 

1・2は特に説明はいらないと思います。こんなに暑ければ、一休みしやすくなるもの。実際、今年の8月の昼間、多くのカフェが人で賑わっていました。そして、立地の良さも、暑さの影響で、その優位性がさらに高まっているのではないでしょうか。

 

3が、今回の一番の発見です。風月堂で談笑するシニア層の多くが、あんみつやみつ豆が入っていたであろう器を前に座っていました。それだけ、あんみつ・みつ豆などの和スイーツが人気というわけです。

 

ただ、多くの喫茶店やカフェを見ると、和スイーツが充実したお店はさほど多くありません。ほとんどのお店は、抹茶系のケーキや宇治金時(かき氷)を置いていればマシな方で、コーヒーやケーキが中心です。それだけ、和スイーツを提供する飲食店が、少ないということになります。昔で言う甘味処も、今ではほとんど見かけなくなりました。

 

さらに、持ち帰りを考えてみると、ケーキ屋さんは街の至る所にある一方で、和スイーツの充実したお店はさほど多くありません。あっても、まんじゅうや羊羹・たい焼きぐらいで、あんみつ類を売るお店はなかなかないものです。持ち帰りでもこれだけお店が少ないということは、自宅での和スイーツニーズも満たされていないということになります。

 

もちろん、和スイーツの専門店が少ないということは、それだけ需要が小さいということでもあります。しかし、神戸風月堂の混み様を見る限り、一定の需要はある模様。年をとると、和に回帰すると考えれば、甘味処が今後注目されても不思議ではありません。

 

☆今日のまとめ☆

和スイーツを専門に提供する飲食店や持ち帰り店は、意外に少ない。

一方で、あんみつ・みつ豆を提供するカフェには、シニア層が多く来店している。

昔で言う甘味処が、今後注目されるかもしれない。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆    今日のこぼれ話☆

そう言えば、私も最近無性にあんみつが食べたくなる時があります。

あの寒天の食感を味わいたいというか。

若い人にも新鮮に映るかもしれないですね。