Photo:MUJI Cafe By:jonolist
Photo:MUJI Cafe By jonolist

 

グランフロント大阪に無印良品が入っているのですが、その店舗にはカフェが併設されています。MUJI CAFÉと言う名の飲食店で、食事の充実したカフェです。このMUJI CAFÉが本当に流行っているんです。週末だけしかしりませんが、18時頃というディナータイムに行くと、満席に近い状態。小さな店舗では決して無く、4人席は10個以上あると思います。ぱっと見、よく流行っているのです。

 

実際に食べたわけではありませんが、料理はとても美味しそうに見えます。お盆にメインディッシュとサイドディッシュ・ご飯が乗った定食スタイルで、健康にもとても良さそう。美味しさ・ヘルシーさが人気の秘密だと思っていました。

 

しかし、じっくりお店を観察していると、それ以外にも売れる秘訣があることを発見。それは、感じのいい接客です。清潔感たっぷりな店員が、笑顔で対応してくれるのが、とても感じがいいのです。

 

実はこの業態、セルフサービス。カウンターで注文し、料理を自分で座席まで運ぶファストフードスタイルです。注文してから調理するメニューの場合は、店員が座席まで運ぶのかもしれませんが、店員はほとんどカウンターから出ません。接客をできるだけ排除することで低コスト運営を可能にしたファストフードなのに、接客は感じがいいのです。だからこそ、余計に接客サービスに対し好感を持てるのかもしれません。

 

もしかしたら、フルサービスのレストラン(高級レストランだけではなく居酒屋も含めて)でも、これほど感じのいい接客はあまりないかもしれません。MUJI CAFÉ人気の本質は、MUJIブランドではなく接客の良さにあるのではないでしょうか。セルフサービスにより業務を最小化し、その分接客に力を入れるというこのスタイルは、人手不足時代にぴったりなのかもしれません。

 

☆今日のまとめ☆

MUJI CAFÉが人気なのは、MUJIブランドだけではなく、感じの良い接客があるからかもしれない。

セルフサービスを採用することで、業務を最小化し、その分接客に力を入れれば、コストを削減しながら、ベネフィットを最大化できる。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

くどいようですが、MUJI CAFÉを利用したわけではありません。

よって、この分析に決定的な誤りがあるかもしれません。

そう感じる人は、是非ともコメントを。