可愛いアイスクリーム

 

先日、三ノ宮のセンター街を歩いていると、見慣れないアイスクリーム店を発見しました。期間限定ショップ、いわゆるポップアップショップというもので、ビブレの前に出店していました。その店名は、ご当地アイス選手権。全国の特徴的なアイスクリームを多種扱うのがウリで、実際5種類以上の商品が販売されていました。

 

不思議に思ったのが、複数のアイスクリームを扱う割に店舗面積が小さいこと。2畳あるかないかの狭い面積で、本当に5種類以上のアイスクリームを提供できるのか。そんな疑問が湧いてきます。しかし、その疑問はホンの数分後に解決されました。

 

来店客が注文した時に、その秘密がわかったのです。その秘密とは、

 

一人前ずつの小さなカートリッジを使っているから

 

なのです。そのカートリッジは、まるでネスプレッソなどのコーヒーのポーションみたいなもの。その小さな中にアイスが凝縮されており、そのカートリッジを専用の絞り出し器に入れて操作すると、アイスができるのです。カートリッジの大きさは、約5センチ四方の立方体でしょうか。これなら、小さな店舗に、5種類以上のカートリッジを複数在庫することができます。

 

このカートリッジを使うことによって、店舗面積を小さくでき、小さなスペースしか確保できないイベントにも出店可能。しかも、一人で受注から作成・決済まで完了できるので、少人数で運営できます。人手不足時代にも対応できるのです。

 

このカートリッジ化は、いろんな食材で行えるのではないでしょうか。少人数・小面積でのオペレーションをウリにできれば、面白い事業になるかもしれません。

 

☆今日のまとめ☆

ご当地アイス選手権が少人数・小面積で運営できるのは、アイスをカートリッジ化しているから。

これにより、狭い場所に多品種のアイスを複数在庫することができる。

カートリッジ化は、いろんな食材で行えるのではないか。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

最近思うのですが、いも焼酎はあまり酔わなくていいですね。

逆に、黒糖焼酎はすぐに眠くなってしまいます。

なぜだろう?