ehomaki

 

正月・年始のセールもほぼ終わり、食関連企業の販促は恵方巻き・バレンタインへとシフトしています。最近見つけたのが、セブン-イレブンの恵方巻きチラシ。セブン-イレブンは、売上が低迷気味のコンビニ業界の中にあって、唯一既存店売上高を伸ばしているチェーン。恵方巻きに限らず、セブン-イレブンの販促にはいろいろ学べる点が多いようです。

 

セブン-イレブンの恵方巻きチラシの特徴をまとめると、以下の様になります。

 

【セブン-イレブンの恵方巻きチラシの特徴】

[1]4品5種類と意外に種類が多い

[2]ウリの厳選素材を強調

[3]巻き寿司意外にも蕎麦・大福などサイドメニューも掲載

[4]すべてセブンミールで宅配可能

[5]複数注文を促すポイント付与

 

1について、詳しくは、

 

レギュラー品 420円

レギュラー品ミニ 298円

プレミアム 580円

洋風・ヘルシー(サラダ) 390円

シーフード主体 480円

 

になります。単価の高いプレミアムだけではなく、洋風・シーフードなど全部で5種類も販売します。コンビニで恵方巻きを買う人は多いのか、種類は多め。予約商品ながらも、店舗数が多いので、5種類も提供できるのでしょう。この種類の多さは、意外な強みとも言えます。

 

2について、さすがコンビニだけあって、価格をウリにしていません。素材がウリです。その素材の説明だけに1ページを費やしています。厳選した素材を丁寧に伝えないと、売れないのかもしれません。もちろん、「こだわりの○○」というありきたりの説明ではなく、画像まで入れた丁寧なものです。

 

3について、客単価向上策でしょう。節分の夜を巻き寿司だけで終わらせる人はほぼおらず、何かしらおかずを食べるもの。その需要も逃さず獲得しようとしています。

 

4について、これも隠れた客単価向上策。宅配のセブンミール対応商品にすることで、利便性を高めるだけではなく、客単価を500円以上に誘導できます。送料無料にするには、500円以上の注文が必要だからです。

 

5について、これも客単価向上策。コンビニでよくある、セット購入でポイント付与するというものです。このチラシでは、恵方巻き3品注文で50ポイント付与。このキャンペーンがあるおかげで、夫婦のみのシニア世帯なら、セブンミールで恵方巻きを注文しようと考えるかもしれません。3本購入すれば、客単価が1000円ぐらいまで上昇します。

 

このようにセブンの恵方巻きチラシを見ると、客単価引き上げに力を入れているように思えてなりません。「良い物なら少々高くても欲しい」という最近の消費行動に沿った、極めてオーソドックスな販促とも言えます。

 

このチラシから学べることは、

 

商品の特徴・ベネフィットを詳しく丁寧に説明している点

 

でしょうか。これだけ情報量が多い世の中では、単に伝えるだけではなかなか頭に残らないもの。画像を入れて大きく表示するなど、「わかりやすさ」が高くても売れる必須条件なのかもしれません。

 

当たり前のことですが、これが出来ていないお店、特に飲食店で多いのではないでしょうか。

 

☆今日のまとめ☆

セブンの恵方巻きチラシでは、客単価引き上げを目指していることが読み取れる。

また、素材の説明に1ページを費やすなど、「わかりやすさ」もその特徴。

「わかりやすさ」は、高くても売れる必須条件なのかもしれない。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

 

  • 今日のこぼれ話☆

他のチェーンの恵方巻きチラシと比較すれば、おもしろいかもしれないですね。

今度調べてみます。