dennysAllen

 

デニーズがメニューを刷新し、価格を大きく引き上げるようです。

 

セブン&アイ・フードシステムズはファミリーレストラン「デニーズ」を高級路線に転換する。顧客1人 あたりの支払額(客単価)が1~4割高くなるよう、約100ある食事メニューの4割を3月に入れ替える。昨年4月の消費増税以降、比較的価格の高い商品の 好調と、利用客数の伸び悩みが同時進行している。「少し高くてもおいしいものを食べたい」という消費者ニーズを積極的に取り込む価格設定で、収益力を高め る。(2015年2月17日付 日経新聞朝刊)

 

デニーズは消費増税を期に、値上げを実施。ただし、今回はそれ以上の値上げで、一気に高級路線に走るようです。記事によると、

 

朝食 950円

ランチ 800~900円

ディナー1300~1400円

 

が主体になるとのこと。ただし、実際に公式サイトで調べてみると、朝食は税込み600円~700円が主体で、950円の商品は一番高い商品。そう高いという印象を受けません。それ以上に公式サイトの新メニューページで興味を惹いたのは、サラダメニューを一番最初に出している点。サラダが一番売りたいということでしょうか。消費者のヘルシーニーズの獲得を目指していることは、確かです。

 

近くにデニーズが無いせいか、最近店舗を利用したことがないのですが、公式サイトを見て印象が少し変わりました。ロイヤルホストの公式サイトと比較すれば、その違いは一目瞭然。

 

【デニーズとロイヤルホストの公式サイト比較】

[デニーズ]先進的、ファッショナブル

[ロイヤルホスト]伝統的、老舗

 

あくまで私の印象ですが、デニーズのサイトは白が基調で、画像を大きくシンプルに見せています。一方のロイヤルホストは色が濃い目で、シンプルさよりも詳しさが際立っています。

 

このシンプルさ、どこかで見たことがあるような。そう、ユニクロです。ユニクロの店舗・イメージに似ており、シンプルなのです。そう言えば、デニーズを運営するセブンアイドアイフードシステムズの社長は、昔ユニクロのコンサルをしていたような。そして、ユニクロはシンプルさを全面に打ち出すことで、老若男女をターゲットにカジュアル衣料を販売しています。デニーズも、ユニクロに似たシンプルイメージを出すことで、ターゲット層を広げようとしているのかもしれません。

 

ちなみに、セブンアイドアイフードシステムズの直近四半期実績では、既存店客数は減少。ユニクロで成功したシンプルイメージを出すことで、客数引き上げを目指しているように思えます。

 

価格引き上げとその成否については、次回に。

 

☆今日のまとめ☆

大幅値上げで客単価引き上げを狙うデニーズだが、公式サイトはシンプル・ファッショナブルさが特徴的で、ユニクロに似ている。

客数増が続くユニクロに似せたイメージを出すことで、デニーズも客数増を目指しているのかもしれない。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

 

  • 今日のこぼれ話☆

ロイヤルホストと比べると、デニーズは信じられないほど店舗が少ない印象です。

関東には多いのかもしれませんが、関西ではロードサイドというイメージ。

それだけ、スクラップを進めたということでしょうか。