ウォルマート・ストアーズBy racineur

 

◎本日のニュース

1)見出し
Can Wal-Mart Think Small?
【出典】
http://goo.gl/Ozdqu

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

2)要約
ウォルマートは、小型店の出店を昨年から開始したが、
未だ11店舗に留まっている。小型店は、
成長する1ドルショップとの競争を念頭に置いた業態であり、
低成長に陥っている全米売上の起爆剤として期待されている。

出店が遅々として進まないのは、スーパーセンター思考から
抜けだせていないからだと、指摘する声がある。実際、
小型店の品揃えや価格は、スーパーセンターと同じであり、
面積あたりのコストが高い小型店の収益を圧迫する要因となってい

る。
また、多種類の商品を販売するため、欲しい商品を素早く
手に入れたい利用客のニーズを満たしていない。さらに、
小型店の出店が進まない一方で、120店舗以上の大型店の出店・
改装を昨年行なっている。

一方、競合する1ドルショップは、小型店を中心に約2000店舗を出店した。
ディスカウントストアで競合するターゲットも、
小型店の出店を3店予定している。さらに、ベストバイ・ステイプルズなどは、
大型店の閉鎖を進めている。ウォルマートは大型店の出店を続ける
唯一のチェーンであり、消費者ニーズに充分注意を払っていないようにも見える。

◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
The world’s largest retailer has rolled out fewer than
a dozen Wal-Mart Express locations since it launched
the first 15,000 square-foot store a year ago, and
experts say its effort to offer supercenter pricing and
assortment in small, high-cost spaces is putting pressure
on the minimarts’ profitability.

4)キーとなる英文の和訳
世界最大の小売店は、昨年最初の15000平方フィートの
小型店ウォルマート・エキスプレスを出店したが、
いまだ12店舗も出店が完了していない。
専門家曰く、スーパーセンターの価格設定や品揃えを、
面積あたりのコストが高い小型店舗で行おうとする方針が、
小型店の収益性を圧迫している、という。

5)気になる単語・表現
roll out他動詞句~を大量に作り出す;
(新製品・映画)を公開する
assortment名詞各種取り揃えた物;類別、分類
profitability名詞収益性、利益性

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
ウォルマート・ストアーズ社(Wa-Mart Stores Inc.)は、
小型店ウォルマート・エキスプレス(Wal-Mart Express)の
出店を拡大する方針でいる。それは、これまで見逃していた
都市の消費者をターゲットにするためである。ウォルマートは、
スーパーセーターなど大型店の出店を郊外に積極的に進めて、
世界最大の小売店にまで成長した。しかし、
郊外への出店が飽和状態になり、大型店だけでは高成長を
維持できなくなった。そこで、都会の消費者をターゲットにした
小型店の出店を目指すようになった。

また、これまでウォルマートを利用してきた消費者が、
より低価格の1ドルショップを利用するようになったため、
1ドルショップに対抗できる小型店の開発を行うようになった。
つまり、ウォルマートの小型店への進出には、

1.都市の消費者という新たな顧客を獲得するため
2.1ドルショップに奪われた既存顧客を奪還するため

という二つの目的があった。

しかし、この小型店の出店が遅々として進んでいないという。
その要因は、

小型店利用者のニーズを満たしていないから

である。小型店利用者のニーズとは、

必要な商品を早く手に入れたい

というもの。来店前に購入目的の商品が決まっており、
できるだけ早くその商品を見つけ、できるだけ早く決済することを、
小型店利用客は望んでいる。日本のコンビニを利用する
消費者のニーズと同じである。このニーズを満たす売り場でないために、
ウォルマート・エキスプレスの売上は伸びず、
その結果出店が遅れることになった。

実際、ウォルマート・エキスプレスの売り場は、
スーパーセンターの売り場に酷似しているという。
品揃えは多種であり、価格はスーパーセンター並の低価格。
低価格は利用客にはうれしいものの、多種の商品が並ぶ売り場では、
目的の商品を探し出すことはそれほど容易ではない。ある専門家は、
この売り場構成を見て、

スーパーセンター思考から抜け出せていない

と表現している。

このスーパーセンター思考は、小型店の売り場だけではなく、
ウォルマートの店舗開発にも表れている。ウォルマートの店舗開発は、
他の小売企業と大きく異なっている。以下がその比較である。

【他の小売企業】
◯1ドルショップ(ダラージェネラル、
ファミリーダラーストアーズ、ダラートゥリー)→昨年約2000店を出店
◯ターゲット(Target Corp.ディスカウントストア)
→小型店シティ・ターゲット(City Target)を今夏3店舗出店予定
◯大型量販小売チェーン→多くの大型店を閉鎖

【ウォルマート】
◯ウォルマート・エキスプレス(小型店)
→昨年11店舗の出店のみ
◯スーパーセンター→120店舗以上の出店と改装

まとめると、次のようになる。
◯他の小売企業→小型店の出店加速、大型店の閉鎖加速
◯ウォルマート→小型店の出店遅延、大型店の出店・改装増

つまり、ウォルマートは依然大型店の売上に依存しており、
大型店の主要業態であるスーパーセンター思考から
抜け出していないことになる。実際、13年前に出店を始めた
食品スーパー・ネイバーフッドマーケット(Neiborhood Market)は、
これまで199店舗しか出店されず、今年やっと80店舗と出店が
加速することになった。ネイバーフッドマーケットの出店も、
ウォルマート・エキスプレス同様に遅いと言えるだろう。
これも、スーパーセンター依存によるものと思われる。

つまり、スーパーセンターの高い収益性という成功体験が、
新しい業態の開発を遅らせていると言える。さらに、
2ケタ成長を続ける海外店舗の売上が、全米店舗の低成長という
危機感を薄くさせているのではないか。

そもそも、店舗の規模や立地が異なれば、ターゲットも異なり、
その違いは品揃えや価格に反映される。しかし、ウォルマートは、
スーパーセンターの成功体験が大きいために、規模や立地が異なっても、
成功したスーパーセンターと同じ品揃え・価格を取り入れてしまった。
その結果、新しい業態の収益性が高まらず、出店が遅れるようになった。

新しい業態の出店が遅れると、遅れた分だけ競合他社に
見込み客を奪われることになる。ウォルマート・エキスプレスで
言えば、出店が遅れると、1ドルショップに奪われた従来の顧客を
奪還できないばかりか、出店を加速させる1ドルショップや
ターゲットに顧客を奪われることになる。成功体験は、
それにこだわり過ぎると、ターゲットニーズを見逃すことになり、
その結果失敗体験になり兼ねない。

Wal-Mart Express 関連の記事 http://goo.gl/hPSMp
Wal-Martの参考サイト http://goo.gl/Zg9pa

***************************
《今回のヒントのまとめ》
1)ウォルマートの小型店ウォルマート・エキスプレスの出店が
進まないのは、収益性の高いスーパーセンター依存体質から
抜けないからである。

2)そのために、ウォルマート・エキスプレスの品揃えや価格が、
スーパーセンターと同様になり、その結果、小型店利用客の
ニーズが満たされず、小型店の収益性が圧迫されている。

3)小型店の出店が遅れると、遅れた分だけ1ドルショップや
ターゲットなどの競合店に顧客を奪われることになる。

4)成功体験は、こだわりすぎれば、ターゲットニーズを
見誤ることになり、失敗体験になり兼ねない。

*************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

7)おすすめ商品・サービス

◎ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ英単語

2008年よりウォール・ストリート・ジャーナルを
読んだ経験を活かして、頻出の英単語を
日々紹介しています。
頻出の英単語を知っていれば、
見出しや第一パラグラフを読んだだけで、
記事の概要を理解できることができるので、
時間の短縮になるはず。
世界に広がる英語情報のインプットが増えれば、
より個性的なアウトプットにもつながります。
http://english.ryotarotakao.com/

◎Winecarte 簡単ワインの選び方

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
日本でも、コンビニが野菜を扱うなど、
小型スーパーの増える傾向にあります。
小型スーパーが増えれば、スペースの制約上から
商品の小型化がさらに進むと思います。
お一人用の商品が今後増えるのではないでしょうか。

高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
高尾亮太朗のTubmlr⇒ http://ryotarotakao.tumblr.com
高尾亮太朗のGoogle+⇒ http://gplus.to/ryotarotakao
高尾亮太朗のPinterest⇒ http://pinterest.com/ryotarotakao/
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!