JINS PC

by courtesy of uemu

 

楽天イーグルスの日本一に祝って、楽天市場では日本一セールが行われました。価格の不当表示が問題になりましたが、割引率を不問にすれば、確かに値引き販売されている商品は多かったと思います。特に驚いたのが、JINSでの特売。なんと、看板商品であるJINS PCが約半額で販売されていたのです。思わず、買ってしまったほどです。

 

そこで一つ疑問が生じます。それは、

 

看板商品を半額で販売する必要性があるのか?

 

という疑問です。もしかしたら、相当売れ残っていたからかもしれませんが、JINSが販売する商材の特性を考えると、特売する理由がわかります。ずばり、JINSがJINS PCを約半額で販売したのは、

 

顧客数を増やしたいから

 

です。

 

JINSが扱いのは、メガネ。メガネは、そう頻繁に購入するものではありません。この点は、下着を含めた衣類を販売するユニクロとの大きな違いです。だから、再購入はさほど期待できないのです。この条件で客数を増やすには、増やすしかありません。

 

【客数を増やす2つの方法】

[1]再購入・再来店率を高める

[2]顧客数自体を増やす

 

顧客を増やすにも、商圏に限りがある実店舗だけでは不十分。だから、ネット通販に力を入れざるを得ないのです。ネット通販以外にも、自販機での販売や卸販売など、実店舗の制約を越えた販路の開拓に力を入れています。

 

JINSがネット通販に力を入れるのは、購入頻度の低いメガネ販売で客数を増やすためなのです。

 

☆今日のまとめ☆

JINSがネット通販に力を入れるのは、メガネという購入頻度の低い商材を取り扱っているから。

この商材特性において客数を増やすには、再購入率を高めるよりも顧客数を増やす方が得策である。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

JINSの既存店売上は、JINS PCのブームの反動を受けてか、少し弱含んでいます。

売上が芳しくないという点も、JINS PCの半額販売を促した要素なのかもしれません。