Photo:Mitarashi dango By:isaac'licious
Photo:Mitarashi dango By isaac’licious

※口福堂の商品ではありません

 

またまた、西宮ガーデンズの話題。そう頻繁に行くエリアではないですが、たまに出没しています。郊外型百貨店として、西宮阪急はとても参考になるからという理由が、一番大きいでしょうか。ターミナル駅の西宮北口の駅前にありながら、1時間の無料駐車など郊外型SCの特性も備え、人口減少・人口の中心部回帰を考えると、このパターンが今後のSCの主流になるように思えてなりませんね。

 

その西宮ガーデンズに口福堂というおはぎ・団子のお店があります。口福堂は、精肉・総菜の柿安本店のスイーツ部門。以前にも、取り上げました。その時は、確かスーパーの入口近くに立地しており、おはぎ100円セールの日ということもあり、かなり賑わっていたという話をしたかと思います。一転、西宮ガーデンズでは集客に苦戦しているようでした。それもそのはず、立地がスナック通り(自称)だったからです。

 

前回にも取り上げた西宮ガーデンズのスナック通り。その場で食べやすい商品、例えばたこ焼きやアイスクリームなどが集積しているストリート。口福堂もそこにあり、すぐ食べられるアイテムとして、みたらし団子やわらび餅などを積極的に販売していました。しかし、アイスクリームやたこ焼きなどに比べて、そう食べる機会が多いメニューではないためか、販売に苦戦。試食を行うという“暴挙”にまで出ていたほどです。

 

苦戦していた理由は明らかで、人気メニューでなかったことと、その食べにくさ。みたらし団子は、タレが服に付く恐れがあります。わらび餅もしかり。人気メニューでなかったことよりも、この食べにくさが売れない最大の理由かもしれません。

 

そう考えると、食べやすいスナックとしての和スイーツは、まだニーズが満たされていない隙間商品なのかもしれません。新鮮なそう甘くないつぶあんなど、食べやすさを付加すれば、シニアが飛びつきそうなメニューが生まれそうです。

 

☆今日のまとめ☆

スーパーの入口では売上好調だった口福堂だが、スナック通りでは苦戦。

食べにくさがその最大の要因ではないか。

逆に言えば、食べやすさを和スイーツに付加させれば、隙間商品になり得る。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

☆  今日のこぼれ話☆

30歳を超えたからでしょうか、あんこが好きになりました。

高校生の頃までは、食べられなかったという思い出も、遠い昔。