◎本日のニュース

1)見出し

Propelling the Profit Comeback

10042010_1

2)要約
アメリカ企業は、景気後退による収益悪化から立ち直り、
直近四半期では、歴史的に高い利益増加率を達成している。

この理由は、固定費削減により損益分岐点を引き下げることに
成功したからである。そのため、売上減少にもかかわらず、
利益は大幅に増加している。

さらに、海外売上比率が過半数以上の企業は、
消費が低迷する国内市場主体の企業よりも、
売上金額の回復・増加が早いためにより大きな利益を獲得している。

業界別で言えば、IT・金融・消費財セクターの利益の拡大が大きく、
逆に、原油や化学などの基礎素材セクターは、資源高の恩恵を受けた
2008年の水準にまだ到達していない。

3)キーとなる英文
U.S. companies are rebounding quickly from the recession and
posting near-historic profits, the result of aggressively
re-tooling their operations to cope with lower revenue and
an uncertain outlook.

4)キーとなる英文の和訳
全米企業は、景気後退から急速に回復し、
歴史的に高い利益を記録している。
これは、売上の低迷と先行き不透明な見通しに対処しようと、
自社の企業活動を再構築した結果である。

5)気になる単語・表現
cope with       自動詞句    ~と争う;~を乗り切る、耐える
※the result以下は、前文を言い換えたものである。

6)今日のヒント
アメリカ企業が行っている固定費削減とは、具体的には、
人員削減・不採算部門の閉鎖・生産コストの低い国への生産施設の移転・
生産工程の合理化などである。事例として、
◎スターバックス社→国内648店舗を閉鎖、オペレーションを効率化
◎コカコーラ社→ペットボトルやキャップなどの資材を一括購入
が、紹介されている。

同じような戦略が、日本の大企業でも行われている。
それは、デフレに悩む国内市場と新興国市場を対応するため。
特に、国内での雇用には慎重のため、雇用情勢がなかなか好転しないのが、
今の日本経済であろう。

中小企業に目を移してみますと、大企業ほどには固定費の削減が
進んでいない。特に、大企業の下請けを行っている
中小零細企業の場合は、大企業がグローバルに調達するようになると、
価格が合わず、採算が合わない案件でも受けざるを得ないのが現状。
もちろん、技術を磨いてより高く売れる製品を作ることも重要だが、
技術を高めたり新商品を開発したりするには時間がかかる。
その間に、会社が傾いてしまっては元も子もない。
だから、コストを見直し、無くても大きな影響の出ない固定費を削減して、
少ない売上でも利益の出る体質を作る必要がある。

固定費削減の一つとして、アウトソーシング(外注)の活用がある。
自社の競争力に関係ない業務で、規模の経済が働く仕事
(PCへの入力などの単純業務)は、アウトソーシングを
使った方がコストを削減できることが多い。
アウトソーシングを提供する企業は増えてきたが、
まだまだ企業ニーズを満たしているとは言えない。
こういうところからも、事業ヒントを見つけることができる。

***************************
《今回のヒントのまとめ》
▼アメリカ企業の利益拡大の要因は、固定費削減により
損益分岐点を引き下げたことにある。

▼同じことは日本の大企業でも行われているが、
中小企業のコスト削減はこれからである。

▼コスト削減の一つとしてアウトソーシングの活用がある。
アウトソーシングができてコストが削減できる業務を考えると、
事業アイデアに結びつくだろう。
***************************

6)おすすめ商品・サービス

◎インフォ麺ション⇒昨日訪問者は18名。↑
麺の口コミ・情報サイトです。
最新の掲載商品は、
4902110347692 日清フーズ 青の洞窟 豚ひき肉と3種のハーブ アンチョビ仕立て56g
です。
インフォ麺ション
⇒ http://blog.livedoor.jp/informention
※       新規事業を始めるにあたり、このサイトをどのように行うか
近いうちに決めなければなりません。

編集後記
こんにちは、高尾です。
昨日、ホームページに、10月下旬に行くベトナム食品商談会に
ついてアップしました。
その商談会で、売り込む商品を募集しています。
日本産の常温の食品であれば、何でもOK。
無料で私が商談の代行をいたします。
商談結果については、報告書を提出。
(もちろん、これも無料。)
海外市場を狙いたいと考えている食品メーカーさんは、
どしどしご応募下さい。
(ただし、商談時間に限りがあるため、
応募多数の場合はこちらで選別いたします。)
応募期限は、10/15まで。
よろしくお願いいたします。

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。
⇒ tryotaro1975@aol.com

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、
いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、
今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら
⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを
⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、
できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、内容を保証するもの
ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、
補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、読者様に有効であると
思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える
ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。