◎2月27日 10時30分現在の速報

Gatorade Drops Tiger Woods

飲料大手のペプシコは、ゲータレードがタイガー・

ウッズと結んでいるスポンサー契約を終了すると、

発表した。

◎本日のニュース

1)見出し

Services Combine Social Media, Marketing

2)要約

ソーシャルメディアが注目され、

中小企業がマーケティングに利用する例が増えてきている。

ただ、サービスを利用して簡単に集客できる一方で、

その費用対効果が高いかどうかは不明である。

ソーシャルメディアを利用する前提として、

魅力ある商品やサービスを用意する必要がある。

また、集客した後にどう利益に結びつけるかの戦略も、

その成否を大きくわける。

3)キーとなる英文

While entrepreneurs say they’ve seen some positive results,

some of the services carry hefty fees and their long-term value remains
unclear.

4)キーとなる英文の和訳

サービスを提供する起業家はプラスの結果が出たという一方で、

高額が料金を請求するサービスもあり、

長期的な効果があるかどうかはいまだ不明だ。

3)気になる単語・表現と解説

(気になる単語・表現)

hefty   形容詞     たくましい、高額な



(解説)

whileは、主文と副文を対比関係にさせる接続詞。

5)今日のヒント

今回の記事で紹介されたサービスは、

◎グルーポン(Groupon)  http://www.groupon.com/welcome_to_groupon

◎フォースクエア(FourSquare) http://foursquare.com/

の二つ。

簡単に説明すると、

◎グルーポン:最低人数が利用したら初めて有効になる一日限定クーポンを

発行してくれるサービス

◎フォースクエア:GPSを使って今いる場所を携帯電話で登録し、

ツイッターやフェースブックに発表できるサービス

で、この二つをマーケティングに利用する方法は、

◎グルーポン:クーポンを発行し、お店での購入につなげる。

◎フォースクエア:頻繁に登録する人に称号を与える機能があるので、

称号をもらった人に特別サービスを行うと告知することで、

店舗へ誘導する。また、口コミ掲載機能を使って、

口コミを掲載してくれた人に特別サービスを行うと告知することで

、店舗へ誘導する。

など。

ただし、問題はこのサービスを利用するのにかかる費用。

グルーポンでは、サービス利用企業が

クーポンから発生した売上の半分を支払うことになっている。

記事の事例では、
アパレルショップが225ドルの価値のあるクーポンを95ドルで発売したので、

アパレルショップは47.5ドルをグルーポンに支払い、自社に残る売上は47.5ドル。

だから、このクーポンだけの商売では、恐らく赤字だろう。

(お店で売られている服が、アウトレット品であれば、

もしかしたら微々たる利益が残るかもしれないが。)

また、このアパレルショップの場合、クーポン利用者の88%
が新規客だったので、

この新規客をいかに再来店させるかが、グルーポンに使った

初期投資を回収できるかどうかを大きく左右させる。

フォースクエアの場合は、利用企業・ユーザーともに無料。

提携している消費財ブランドやメディアから収益をあげているという。)

一見費用は掛からないが、
告知する手間や称号を確認する作業など、

目に見えないコストは発生している。

記事では、ハンバーガーショップがフォースクエアを

利用した事例として取り上げられていたが、

そのお店で提供するハンバーガーやサービスが悪ければ、

悪い口コミが掲載され、悪い評判が広がる恐れがある。

無料とは言え、口コミにはマイナス効果もあることを考えれば、

消費者に満足してもらえる商品やサービスを提供できることが、

フォースクエアを利用する前提条件だろう。

(ただし、すべての消費者に満足してもらう必要はない。

ターゲットとして設定した消費者に満足してもらう。)

グルーポン・フォースクエアにしても、結局は、

利益をあげる仕組みや商品力・サービス力という

商売の基本ができていなければ、効果がない。

ソーシャルマーケティングと言えば、
何やら魔法のサービスのように思え、

苦しんでいる自分達を助けてくれるように思えるが、

基本的なことができていないと、かえって収益を悪化させるということを

肝に命じなければならない。

************************

《今回のヒントのまとめ》

▼ソーシャルメディアは、利用の有無に関わらず、

利用するのにはコストがかかる。

▼また、リピートさせる仕組みや商品力・サービス力がなければ、

掛けた費用をどぶに捨てることになったり、悪い口コミが広がることにもなる。

▼結局は、利益をあげる仕組み・商品力・サービス力という

商売の基本ができた上で、利用するサービスであると

肝に銘じる必要がある。

***************************

6)おすすめ商品・サービス

◎インフォ麺ション⇒昨日訪問者は26名。↑

麺の口コミ・情報サイトを作成しました。

当分、無料ブログサービスを利用して、

データ蓄積を行いたいと思います。

是非、ご訪問・コメントお願いします。

最新の掲載商品は、

吉田くんちの出雲そばです。

インフォ麺ション

⇒ http://blog.livedoor.jp/informention

編集後記

こんばんは、高尾です。

ソーシャルメディアによって、

売れる企業と売れない企業の差が

さらに広がるような気がします。

新しいテクノロジーに惑わされるのではなく、

「どうやったら顧客の役に立つか」「どうやったら顧客が自然に増えていくか」

という基本を常に考えたいものです。

ただ、テクノロジーには、コスト削減効果があります。

もっと活用できれば、サービス業の生産性が上がるように思います。

ツイッターやっています。是非フォローしてくださいね。

高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao

今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。

感謝・感謝・感謝です!

ご質問・ご相談・ご感想がございましたら、ご連絡ください。

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の画像は、サイトにて。

(こちらのサイトで公開中⇒  http://blog.livedoor.jp/caferics/

メルマガ相互紹介を希望されるメルマガ執筆者様は、
ご連絡お願いします。

私もごく少ない部数の時に、

いろんなメルマガ執筆者様に助けていただきましたので、

今回は私が恩返しします!

メルマガ相互紹介に関する連絡先はこちら

⇒ tryotaro1975@aol.com

今日の反省などについては、このブログを

⇒ http://ameblo.jp/caferics/

メルマガ連動のブログサイトを作りましたので、

できればコメントお願いします。
http://wsj.jugem.jp/

当メルマガの情報については万全を期しておりますが、
内容を保証するもの

ではありません。これらの情報によって生じた、いかなる損害についても、

補償はいたしかねますので、ご了承ください。

また、当メルマガでは広告も誌面の一部として、
読者様に有効であると

思われるものを厳選しておりますが、内容については当方で責任を負える

ものではございません。ご配慮の上ご利用頂けます様お願い申し上げます。

———————————————————————-

■編集・発行:高尾亮太朗 http://wsj.jugem.jp/

■ご意見・ご感想・お問合わせはお気軽に!→  tryotaro1975@aol.com

■発行人ブログ(ビジネスブログ):http://ameblo.jp/caferics/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━