石鹸のギフトBy pennydogaccessories

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

◎本日のニュース

1)見出し
Soap, Shampoo, Toothpaste: Pitching the Gift of Hygiene

【出典】
http://goo.gl/0nmsz

2)要約
シャンプーや使い捨て髭剃りなど生活用品のプレゼントが、
今年のクリスマス商戦で売上を伸ばすと予測され、
メーカーや小売店は販売を強化している。
近年、個人用ヘルスケア商品は、高級化・高価格化が進んでおり、
贅沢品として販売されるとともに、
身近な人へのちょっとした贈り物としても販売されている。

メーカーや小売店が生活用品のギフトに力を入れる理由は、
実用的なプレゼントが今年も好まれると推測するからである。
また、小売店側として、プレゼントなどあらゆるニーズに
対応して売上を稼ぎたいという願望もある。メーカー側としては、
プレゼントを通じてより多様なブランドや商品を試してもらい、
リピート購入につなげたいと考えている。

今年の生活用品ギフトの特徴は、

より値頃感のある商品を増やすとともに、
より日常的な商品を詰め合わせている点である。
これは、今年のクリスマスプレゼント用予算の低下や、
より実用的な商品を贈りたいという消費者ニーズを表している。また、種類を増やす一方でプライスポイントを減らしたり、
そのまま贈れる包装済商品を増やしたりなど、
選びやすさ・贈りやすさも追求している。◎キーセンテンスとその翻訳
3)キーとなる英文
It’s expected that people will continue to give
practical presents this year, and big-box stores and
drugstores are working to entice shoppers to spend with them
for all of their needs-including holiday gifts.4)キーとなる英文の和訳
今年も消費者は実用的なプレゼントを
引き続き贈るだろうと期待されている。
そのため、大型店やドラッグストアは、
クリスマスプレゼントを含めたあらゆるニーズに対応することで、
消費者に購入してもらおうと努めている。

5)気になる単語・表現
practical       形容詞     現実的な、実際的な;実応的な
entice  他動詞     ~を誘惑する、誘う

◎記事から読み取った今日のヒント
6)ビジネスのヒント
生活用品ギフトとは、シャンプーなどのヘアケア商品、
石鹸、制汗剤、使い捨て髭剃りなどを詰め合わせたセット。
記事では、プロクター・アンド・ギャンブル社(Procter & Gamble Co.
P&G)やユニリーバ社(Unilever PLC)の商品(画像を含む)が
取り上げられている。

メーカーや小売店が、今年のクリスマス商戦で生活用品ギフトの販売を
強化する理由として、5つ挙げられる。それは、
1.実用的なプレゼントへのニーズが強いから。(消費者ニーズ)
2.大型店やドラッグストアなどの小売店が、あらゆるニーズに対応し
、売上を強化したいから。(小売店の戦略)
3.より値頃感のあるプレゼントへのニーズが強いから。(消費者ニーズ)
4.買いやすさ・贈りやすさへのニーズが強いから。(消費者ニーズ)
5.プレゼントをもらった人が生活用品を試し、
気に入ればリピート購入が期待できるから。(メーカーの戦略)
である。

1については、実際に昨年のクリスマス商戦で,
生活用品ギフトの売上は増加し、今年も今傾向が続くと期待されている。
例えば、P&Gの2010年の売上数量は、昨対比で20%も伸びており、
今年はさらに増加するとされている。特に、身近な人へのプレゼントは、
実際に使われる可能性の高い実用品にしたいという消費者のニーズがある。

2については、消費者の懐事情が影響している。デロイトの調査によると、
今年のクリスマスプレゼントに掛ける予算は、
約395ドルで昨年よりも約15%低いという。さらに、
失業率も高止まりしているなど、消費者の財布の紐は依然固いので、
既存顧客のあらゆるニーズを満たすことで、
売上を確保・増加しようとしている。その一環として、
普段生活用品を販売する小売店で、生活用品ギフトの取り扱いが強化されている。

3も、2で説明したプレゼント予算の減少が影響している。
そのため、友人や会社の同僚など身近な人へのプレゼントとして、
比較的低単価の生活用品ギフトが選ばれる確率は、
昨年以上に高まると予測されている。このニーズの変化に対応しようと、
より値頃感のあるギフトセットのラインナップが増えている。
例えば、P&Gでは、今年のクリスマスプレゼント用のギフトは、
昨年よりも約12種類増やし24種類販売するものの、
大半の商品は9.99ドルでの販売を予定している。
アメリカ中西部のチェーン店マイヤー社(Meijer Inc.)では、
10ドル以下の商品を増やしている。ロレアル社(L’Oreal SA)の
スキンケアブランド・キールズ(Kiehl’s)は、
昨年よりも3種類多い10種類のセットを販売するが、
増やしたラインナップには30ドル以下の低価格品も含まれる。
また、ギフトセットに詰められている商品を別々に買うよりも、
ギフトセットの方が10~40%割安になり、値頃感はさらに増す。

4について、生活用品ギフトは、ウォールマートやターゲットなど
いつも生活用品を購入する小売店で購入できるので、
ついで買いができる。わざわざ、
プレゼントを買う目的で遠方のデパートに足を運ぶ必要がない。
さらに、プライスポイント(売り場での中心価格)を少なくして、
売り場を買いやすくしている店舗も増えている。マイヤーは、
生活用品ギフトを、7.99ドルから32.99ドルの間の6種類の価格で販売している。
予算に応じて、商品選びがしやすくなる。

また、包装済商品を購入すれば、わざわざ自分で包装する必要がなくなるので、
買ったらそのまま贈ることができる。ラッピング済の商品をメーカー・
小売店は増やしているので、贈りやすいプレゼントとなる。
キールズは、昨年まで半透明の袋に詰められたギフトを販売していたので、
購入後自分で包装する必要があった。しかし、今年は、
ロゴ入りのカラーボックスか黒い袋に入ったパッケージに変更し、
贈りやすいギフトに改良されている。より身近な人へのプレゼントは数も多いので、
買いやすさ・贈りやすさが求められている。

最後に5について、高級化粧品ブランドがクリスマス商戦で採用している
マーケティング戦略である。例えば、プレゼントで、
P&Gのヘアケアブランド・パンテーンのシャンプーをもらったとする。
これまでパンテーンを使ったことのない人がもらえば、
パンテーンのシャンプーをトライアルすることになる。
そして、パンテーンを気に入れば、今後自分用のシャンプーとして
パンテーンを購入するかもしれない。
その結果、P&Gの売上は増加することになる。

このように、消費者ニーズ・メーカーや小売店の戦略が組み合わさることにより、
生活用品ギフトがクリスマスプレゼントとして販売されている。
ただし、身近な人へのプレゼントニーズがその出発点。
逆に、このニーズを考えれば、生活用品以外にもギフト開発は可能だろう。

***************************
《今回のヒントのまとめ》

1)メーカーや小売店は、クリスマスプレゼントとしての
生活用品ギフトの販売を強化している。

2)その理由として、実用的なプレゼントを贈りたい、
値頃感のあるプレゼントを贈りたい、
買いやすい贈りやすいプレゼントを贈りたいという消費者ニーズがある。

3)さらに、クリスマスプレゼントというニーズに対応して
売上を伸ばしたい小売店の戦略や、贈られた人のトライアルを
リピート購入につなげたいメーカーの戦略も、その理由として挙げられる。

4)ただし、出発点は、身近な人へのプレゼントニーズ。
このニーズを満たせば、生活用品以外にもギフト開発は可能だろう。

*************************

毎週火曜・土曜の18時、メルマガにて配信。
(サイトへの掲載は、翌日以降です。)
ウォール・ストリート・ジャーナルの最新情報をいち早く知りたい人は、
メルマガの登録をお願いします。
(もちろん無料です。)

7)おすすめ商品・サービス

◎       Winecarte 簡単ワインの選び方
一番新しい記事は、

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーボー
セレクション プリュス2011
(Georges Dubceuf Beaujolais Villages Nouveau Selection Plus2011)
http://goo.gl/1iImj
です。

最近、ワインを勉強しています。
それをアウトプットする意味でも、
ワインのサイトを始めました。
焦らず少しずつ作成する予定です。
http://wine.ryotarotakao.com/

編集後記
今朝、立川談志さんが亡くなられたニュースを耳にしました。
昔、国会議員もされていたのですね。
波乱万丈な人生は、端から見ていると実に面白い。
自分がするとなると、面白いどころかかなり大変。
ストレスに耐えられる図太い神経は、必須でしょうね。
談志さんの落語に少し興味が湧きました。
ご冥福をお祈りいたします。

高尾亮太朗のfacebook⇒ http://www.facebook.com
(アカウントは、ryotarotakaoです。)
高尾亮太朗のツイッター⇒ http://twitter.com/ryotarotakao
高尾亮太朗の公式サイト⇒ http://ryotarotakao.com
今日も長い記事を読んでいただき、ありがとうございました。
感謝・感謝・感謝です!