7096014547_5163bb858f_z

 

モスバーガーのシニア層活用は、人材面・営業面ともプラス効果を発揮することを、前回・前々回で述べました。ならば、他の企業もシニア層の雇用を行えばいいのですが、シニア層の活用はそう簡単なことではありません。

 

歳を取ると、まず頑固になります。そう新しい考えをなかなか受け入れ難くなるものです。もうすぐ40になる私ですら、そう感じるほど。プライドが許さないというのではなく、なんとなく昔のやり方、自分がこれまで採ってきた方法を続けるものなのです。シニア層は、年齢が年齢ですから、その傾向が特に強いでしょう。

 

そのシニア層を新たな職場で活用するのは、そう簡単なことではありません。ましてや、これまで事務系・営業系の仕事をしてきた人が、店舗で接客や調理を行うことは、全く未経験の仕事をするのと同じ。この未経験の仕事を習得するのは、若者でさえ難しいことですから。

 

店舗での接客や営業・IT関連に人で不足感が強いとすれば、これら業界でシニア層を活用するのは、相当難しいでしょう。だからこそ、活用できれば大きな競争力になるのではないでしょうか。

 

☆今日のまとめ☆

年齢を取ると、人は頑固になる傾向があり、新しい仕事ややり方を受け入れ難くなるもの。

だから、シニア層が全く未経験の接客サービスで活用するのは、相当難しいと言える。

だからこそ、活用できれば、大きな競争力になるだろう。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

 

  • 今日のこぼれ話☆

3連休も終わりました。

タイガース感謝セールはそう大きく実施されていませんでした。

関西経済はまだまだ弱そうです。