premium coffee

 

少し前の新聞に、高級コーヒーに関する記事が掲載されていました。

 

コーヒー大手が高価格帯のカフェチェーンや豆の販売に力を入れている。UCCホールディングス(HD)は1杯1000円前後のコーヒーを出す専門店チェー ンの出店を始める。キーコーヒーはホテルのラウンジなどに高級豆を拡販する。コンビニコーヒーが存在感を増すなか、専業ならではの高付加価値商品でシニア 層などを開拓する。(2015年1月21日付 日経新聞朝刊)

 

アメリカで人気のサードウェーブコーヒーが、日本にも上陸するようですね。確か、ブルーボトルと言ったかなぁ。ブルーボトルコーヒー上陸をきっかけに、コーヒー業界も高単価商品の販売に力を入れるのでしょうか。

 

さて、1000円という価格、誰が買うのか。ちなみに、各チェーンのブレンド・ドリップコーヒーの価格は、

 

スターバックス 302円

タリーズ 310円

ドトール 220円

上島珈琲店 360円

珈琲館 480円

星乃珈琲店 420円

コメダ珈琲店 420円

※すべて税込み

 

なので、1000円という価格はカフェチェーンのコーヒーの2杯~4杯になります。かなり割高ですね。

 

ちなみに、シティホテルのコーヒーは、カフェチェーンよりも概して高いです。例えば、京王プラザホテル東京の場合、コーヒーの価格は930円。これには消費税とサービス料金も含まれています。それでも、1000円しないのです。1杯1000円のコーヒーがいかに高いかがわかります。

 

では、この1000円コーヒーは売れるのか?あくまで推測ですが、それなりに売れると思います。ある一定の層にニーズがあるでしょう。1000円払ってまでと思われますが、逆に言うと1000円払ってまでコーヒーを飲める層しか、来店しないはず。つまり、コーヒー1杯を1000円で売るお店には、限られた層しか集まらないのです。うるさいということはないでしょう。カリカリ仕事をする人も、ほとんど利用しないでしょう。コーヒーを飲む以外何か作業をするにしても、せいぜい読書程度と思われます。そんな環境こそが、1000円の価値があるのではないかと思うのです。

 

そう思うのは、マクドナルドで100円のコーヒーを飲んでいた時に、失敗したと感じたから。中高生が多すぎて、店内がかなり騒がしく感じました。ならば、もう100円・200円出して、もっと静かな環境でコーヒーを味わえるお店にすればよかった、と後悔したものです。

 

限られた層しか集まらない静かな環境で、しかも美味しいコーヒーが飲めるとすれば、1000円なんて安いかもしれません。コーヒーではなく、空間を売っているとも言えますね。

 

☆今日のまとめ☆

1杯1000円のコーヒーは、限れたそうしか集まらない静かな環境で飲めると考えれば、安いかもしれない。

価格を上げることにより、それなりの層しか集まらず、それがウリになる。

 

アメリカビジネスの最新事情メルマガはこちら

ワインを知れば、おもしろい

WSJを読むには、基本的な英単語を知っていなければなりません

日々気づいた雑感はTwitterで発信中

すいません、Facebookはほぼ引退しました

年5%で資産運用する方法はこちら

 

 

  • 今日のこぼれ話☆

ちなみに、私は飲まないでしょうね。

コーヒーにうるさい人ではないですし、1000円出すなら美味しい物を食べたいかと。