ローソンプレミアムロールケーキBy COG LOG LAB.

 

またまた日経MJからですが、昨日の日経MJにコンビニスイーツに関する興味深い記事がありました。

 

セブン―イレブン・ジャパンはチルド(冷蔵)販売するPB(プライベートブランド)和洋菓子を刷新し15日から売り出す。6月末までに全店の75%の1万 500店で独立した陳列ケースを設ける。メーカーに依頼して生産体制も増強。2013年2月期に売上高約600億円と前期比5割増を狙う。女性客を狙いス イーツを強化するローソンなどに対抗する。(日経MJより 日本経済新聞電子版の記事

 

このチルドPB和洋菓子で真っ先に思いつくのが、ローソンのプレミアムロールケーキ。最近ローソンに行ったところ、このプレミアムロールケーキにいろんなバージョンがあることを発見しました。それだけ売れているということでしょう。この拡大市場に力を入れるために、セブンイレブンは増産体制を整えるようです。

 

面白いのは、

 

売れ筋上位3商品は、手土産需要に対応し包装への価格印字をやめる。(日経MJより)

 

という点。

 

モノを購入する時、

◯自分用

◯贈答用

の用途に分けることができます。用途とはニーズと捉えることもできます。自分用ニーズとは、その名の通り自分で使うために購入するということ。贈答用ニーズとは、誕生日プレゼントやバレンタインデーの贈り物、帰省の手土産など。贈答用という新しいニーズにセブンイレブンは注目し、

 

従来のコンビニチルドスイーツ=自分用

今後のコンビニチルドスイーツ=自分用+贈答用

 

を目指しています。新しいニーズに対応するので、市場が拡大することになります。セブンイレブンは、この拡大する市場に注目し、

2012年2月期 300億円

2013年2月期 600億円

中長期 1000億円

 

のように、PBチルドスイーツの売上を3倍以上に拡大させるようです。

 

セブンイレブンが贈答用ニーズに対応すると、ローソン・ファミリマートなど競合企業も追随することでしょう。ちょっとした手土産にコンビニのチルドスイーツを選ぶ、という購入シーンが定着するかもしれません。

 

☆  今日のまとめ☆

セブンイレブンは、PBのチルドスイーツの増産体制を整える。

この背景には、これまで逃していた贈答ニーズの存在がある。

新しいニーズに対応することで、市場拡大を目指す。

今後、手土産にコンビニチルドスイーツを選ぶ人が増えるかもしれない。

 

アメリカのビジネス最新事情メルマガ
今飲んでいるワインのこと知っていますか?

WSJメルマガからスピンアウトした英単語サイトです。
Twitterやっています
FaceBookはほぼ引退しました
Tumblr本格的に始めました

 

☆  今日のこぼれ話☆

コンビニスイーツは滅多に購入しませんが、パッケージを見るだけでも美味しそう。

会社帰りにコンビニスイーツを買って帰る男性サラリーマンの姿を、よく目にします。

手土産需要が本格化すれば、有名パティシエ監修のスイーツも増えるかもしれませんね。

 

☆昨日の目標→その結果☆

◎朝6時に起きる→◯

◎毎日情報を発信する→◯

◎毎日仕事以外の人に話掛ける→☓

◎腕立て・腹筋30回→◯

◎自宅のある12階まで歩いて登る、または自転車を30分以上漕ぐ→◯

◎部屋や家の掃除をする→☓

◎営業日誌を付ける→☓